Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 221 to 240 of 1272)
(showing articles 221 to 240 of 1272)

Channel Description:

劇場鑑賞にこだわり年間400本以上観てきました。世界中の映画を観るのがライフワーク。映画、演劇、音楽、アートなどを書いています。映画感想記事は基本ネタバレなし。告知から3年経ったがんサバイバーです。

older | 1 | .... | 10 | 11 | (Page 12) | 13 | 14 | .... | 64 | newer

    0 0

    ゼロ・グラビティ
    Gravity
    アメリカ映画 2013年製作
    TOHOシネマズサンストリート浜北 3D字幕版



    $映画中毒日記『新★映画時光』ブログ版

    $映画中毒日記『新★映画時光』ブログ版
    $映画中毒日記『新★映画時光』ブログ版
    $映画中毒日記『新★映画時光』ブログ版


    ↓予告動画


    監督・製作・編集:アルフォンソ・キュアロン

    脚本:ホナス・キュアロン

    撮影:エマニュエル・ルベッキ

    美術:アンディ・ニコルソン

    キャスト:

    サンドラ・ブロック  ライアン・ストーン

    ジョージ・クルーニー マット・コワルスキー

    ミッション・コントロールの声 エド・ハリス


    あれっ!?エド兄貴の髪が再生!?
    ...いえいえ、これは『アポロ13』(1995年)の時です。
    イメージってことで。
    今回は声の出演のみです。


    この映画はアカデミー賞の
    作品賞、
    監督賞にアルフォンソ・キュアロン監督
    主演女優賞にサンドラ・ブロック
    撮影賞にエマニュエル・ルベッキ
    その他、編集賞、視覚効果賞、美術賞、
    録音賞、音響編集賞、作曲賞にノミネートされるでしょう。

    (でも、作品賞は『それでも夜は明ける』、
    主演女優賞はケイト・ブランシェットが当確です。)


    「この映画では事前にすべてをプログラミングしなければなりませんでした。だから自分たちでアクシデントやミラクルを思いつかなければならなかったんです。幸いなことに時間はあったので、綿密に準備した後に数週間か数か月の時間を置いてから再びそのシーンに戻って新鮮な目で観るようにしました。そして私とチーボ(ルベッキ)で『もし自分たちが宇宙で撮影していたら、どんなアクシデントが起きただろうか?』と想像して、それをシーンに盛り込んでいったのです」。ふたりの試みは劇中の出来事だけでなく、映像全般に及んだ。「チーボと私はずっと自然光で撮影することにこだわってきましたが、この映画では実際に宇宙に行くことができません。だから、先ほどの“ミラクル”同様、自然環境も自分たちでゼロから作り出す必要がありました。私は4、5年ごとに新作をつくりますが、幸いなことにその間にチーボはテレンス・マリックなど優れた監督と仕事をしていますから、そこで実験したり学んだりしたことを私は活用することができるんです」
    (アルフォンソ・キュアロン談:ぴあニュースより)



    この映画はもう映画ファン、ブロガーさん、
    今週末にどんどんご覧になっていて、
    記事も次々UPされてますね。
    この映画ストーリーは至って単純ストレート。
    もう皆さんご存知のように、
    事故に遭った宇宙飛行士の、
    宇宙からの帰還が描かれています。
    この映画は結末の予想はつくけど、
    それでもいっこうに構わず楽しめる作品になっています。
    アイマックス(IMAX)3Dで鑑賞するのが良いそうですが、
    名古屋まで行かなくてはならないので、ムリ(TωT)
    近辺で一番大きなスクリーンで上映している所を選びました。

    私はアルフォンソ・キュアロン監督の映画が大好きです。
    一番好きなのは『天国の口、終りの楽園』
    ガエルドキドキとディエゴラブラブがキュートニコニコ
    天国の口、終りの楽園。 [DVD]/
    ガエル・ガルシア・ベルナル,ディエゴ・ルナ,マリベル・ベルドゥ

    ハリー・ポッターはいつも居眠りしてしまったけど、
    『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』だけはちゃんと観ました!
    ゲイリー・オールドマンラブラブ出てるし!
    ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 [DVD]/
    ダニエル・ラドクリフ,ルパート・グリント,エマ・ワトソン


    前作『トゥモロー・ワールド』もすごく良かったし、
    トゥモロー・ワールド プレミアム・エディション [DVD]/
    クライヴ・オーウェン,ジュリアン・ムーア,マイケル・ケイン

    これに続くSF作品を、
    とても楽しみにしていました。
    でも、アメリカをはじめ、世界各国で大ヒット、
    観た人が声をそろえてすごい、すごいと言ってると、
    なんだか斜に構えてしまう私f^_^;
    でも、さすがキュアロン監督、
    そんな態度をすっかり忘れさせてくれました。
    サンドラ姐さんに次から次に襲い掛かる絶体絶命の困難、
    思わず心の中で「落ち着いて~!」「がんばれ~!」
    と声をあげていましたね(笑)
    ストーリーが読めてしまうということを越えた展開と映像の面白さがあり、
    見ていて全く飽きませんでした。
    ぎゅぎゅっと91分にまとめてあるのもホントに拍手合格
    これ、スピルバーグやJJだと余計なコトして、
    2時間超の長さになっていたでしょう。
    セリフも少なく、でも、有効に使っています。
    母親としてのライアンが1人の女性になって再生する姿には、
    目に涙でありました。

    アルフォンソ・キュアロン監督は長年組んでいる、
    撮影監督のエマニュエル・ルベッキと、
    よく長回しや、ロングショットを使いますが、
    今回も充分に活かされていました。
    上のキュアロン監督の話にあるように、
    近年のルベッキはコーエン兄弟や、
    テレンス・マリックとの仕事で、
    手持ちカメラと固定カメラの使い分けなど、
    さらに腕を磨いたことが、
    本当に活かされていると思いました。

    この無駄のない凝縮された映像世界に、
    監督得意の人間ドラマもしっかり織り込んで、
    充実した作品に仕上げてくれました。

    この映画でのサンドラ姐さんの行動は、
    トラブルに巻き込まれた時や、
    想定外の状況に陥った時の危機管理に使えますね。
    特に今、追込み中の受験生にも
    (うちにもいるので特にそう感じてしまいましたf^_^;)
    危機管理術としておススメしたいですよ。
    どんなに追い詰められた状態になっても諦めず、
    自分が訓練してきたスキルを、
    最大限に引き出しましょう。
    自分の引き出しに何も入っていないのでは困りますが、
    入っているものは必ず応用が利きますから、
    自分を信じて使ってみましょう。
    人間は追い詰められた時ほど、持っている能力が発揮できるものです。
    とにかく最後の最後まで諦めないで!
    忙しい受験生は映画を観ている場合ではないかもしれませんが、
    この映画、「もうダメだ~(x_x;)」と煮詰まった時に観ると、
    相当リフレッシュできて、勇気を持てるのではないでしょうか。
    私は娘が疲れた時に観るのを奨めます。
    (イケない親ですかネσ(^_^;))

    「脚本作りの段階では宇宙のことは考えていなかったんです。私は“逆境こそが人間をカタチづくる”というテーマに興味があったのです。パニック状態や極限状態は宇宙でなくても日常の中にありますよね? だから舞台は東京でもかまいません。ある女性が突然、逆境に置かれてしまい、立っていたはずの地面がガラガラと崩れ落ちる。自分の知っていたはずの人生が失われて虚無の世界へと転がり落ちていくんです。そこで彼女は自分の中の強さを見いだして、再び大地に立とうとする。この物語は東京が舞台でも可能です。私がこの映画の舞台を宇宙にしたのは、宇宙(SPACE)という空間が、潜在意識(INNER SPACE)、つまり心に近いと考えたからです」。
    (アルフォンソ・キュアロン談:ぴあニュースより)




    映画はこの本物の宇宙飛行士にも取材しています。
    サンドラはキャデイさん(左)と直接話したそう。
    ジョージの演じたマットの役には、
    マイケルさん(右)のキャラクターが反映されているそうです。
    宇宙では映画のように早くは動けないとのこと。
    映画の宇宙から見る光景は殆ど同じだそうですよ。

    この作品の脚本はアルフォンソ、ホナスのキュアロン親子の共同作品です。
    息子のホナスが監督した、
    『ゼロ・グラビティ』のスピンアウト・ショート・ムービーがあります。
    私はこれを、映画を観る前に観ましたが、
    映画を観てから見てみると、
    これがまたイイのですよ。
    映画をご覧になった方は、ぜひ見てみて下さいね。
    ホナスは来年、ガエル・ガルシア・ベルナル主演の
    「Desierto(砂漠)」という映画を撮ります。

    これから映画をご覧になる方は、
    鑑賞後にご覧になった方が良いかもしれません。
    ココから下はメイキング画像もありますので、
    何も予備知識を入れたくない方は、
    ぜひまた鑑賞後に見に来て下さい。
    最後の方にはサンドラ姐さんの今年のヒット作で、
    日本未公開の「The Heat ザ・ヒート(原題)」
    の動画などを紹介しています。










    『ゼロ・グラビティ』本編では声だけの出演の
    Orto Ignatiussen

    この、『イキングット』に出演しています。
    イキングット [DVD]/
    ヒャルティ・ラグナー・ヨンソン,ハンス・ティットッス・ナキング

    昔々のアイスランド北部にある小さな村に、イヌイ族の少年が流氷に乗って流れ着く。村人たちは外見も言葉も違うこの少年を悪魔の使いと考え、村から追い出そうとするが、牧師の息子ボアスは少年と友情を育み始める。アイスランド発、人種の壁を越えた友情を描いたファミリードラマ。日本ユニセフ協会推薦作品。(「Oricon」データベースより)
    この作品は2000年製作のアイスランド映画で、
    劇場未公開ですがDVDが出ています。
    私は未見です。





    ↓日本語版の予告動画



    『ゼロ・グラビティ』のセット・フォト。
    サンドラ姐さん体張って頑張っています。



    サンドラ・ブロック、ママの顔。
    息子のルイスくんと。



    今年のベネチア映画祭で。
    ジョージー・クルーニー、ヘン顔( ´艸`)



    プロデューサーのデヴィッド・ヘイマン、アルフォンソ・キュアロン、
    サンドラ、ジョージ、ホナス・キュアロン

    アルフォンソ・キュアロン監督は1961年生まれの52歳。
    息子のホナスは1981年生まれ32歳ですΣ(゚д゚;)

    アルフォンソ・キュアロン、
    アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、
    ギレルモ・デル・トロ、
    のメキシコ人監督3人が作った映画会社
    チャ・チャ・チャ・フィルムズの第一作、
    これもガエルドキドキとディエゴラブラブ
    兄弟役で共演の『ルドandクルシ』(これも大好きニコニコ)は、
    キュアロン監督の弟、カルロスが監督。
    弟も息子も才能あってイイですね。
    スコット・フリーみたい。(トニーは亡くなってしまったけど...)
    ルドandクルシ [DVD]/
    ガエル・ガルシア・ベルナル,ディエゴ・ルナ,ギレルモ・フランチェラ



    サンドラ・ブロックがメリッサ・マッカーシーと共演した、
    アクション・コメディ「The Heat ザ・ヒート(原題)」
    アメリカでコメディー映画では今年一番のヒット作。
    (「The Heat2」も制作されるそうで、
    サンドラの次の作品になります。)
    『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』の
    ポール・フェイグ監督。
    傲慢なFBI捜査官のサンドラと、
    ボストン市警の乱暴な女刑事が麻薬捜査で組むことに。









    下ネタ話や、グロいシーンありなR指定のコメディーってことで、
    日本では公開されずにDVDスルーなのか?

    ↓これ、レッド・バンドトレーラーですが、エッチは画像はなし(笑)
     メリッサの下ネタトークでレッド・バンド。



    本年度アカデミー賞最有力候補!本当の所
    2014年第86回アカデミー賞作品賞ノミネート予想
    ←クリック

    2014年アカデミー賞作品賞ノミネート予想作品の動画・あらすじ紹介
     その1
    ←クリック

    2014年アカデミー賞作品賞ノミネート予想作品の動画・あらすじ紹介
     その2
    ←クリック

    $映画中毒日記『新★映画時光』ブログ版
    25歳衝撃の才能ビックリマーク
    渡部亮平監督応援していますビックリマーク
    ぜひ、お近くの映画館にリクエストして下さいビックリマーク

    フォルツア総曲輪(富山)

    12月21日(土)~27日(金)


    東京 下高井戸シネマ
    12月23日(月)~28日(土)レイトショー上映

    21:10~22:48

    一般1300円 / 大学・専門1100円
    高校生・シニア・火曜日みなさま1000円
    会員900円
    松山 シネマルナティック

    2014年1月3日(金)~10日(金)


    東京 キネカ大森

    2014年1月4日(土)~10日(金)

    ★『箱入り息子の恋』と2本立てビックリマーク



    カチンコ読んで下さってありがとうございましたビックリマークランキングに参加してます映画にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへこれをクリックしてもらえたらうれしいです音譜

    読者登録してね

    0 0

    ピーター・オトゥール



    ピーター・オトゥールが亡くなりました。
    (1932年8月2日― 2013年12月14日)
    私はクラシック映画に詳しくはありませんが、
    ピーター・オトゥールと言えばまず代表作は
    『アラビアのロレンス』(1962年イギリス映画)
    デーヴィッド・リーン監督
    になりますよね。
    ピーター・オトゥール、オマー・シャリフ、
    アレック・ギネス、アンソニー・クインなど
    豪華俳優陣の壮大な作品でアカデミー作品賞も受賞。
    アラビアのロレンス [Blu-ray]/
    ピーター・オトゥール,オマー・シャリフ,
    アレック・ギネス,アンソニー・クイン



    ピーター・オトゥールとアンソニー・クイン



    『プロメテウス』でロレンスのマネをする
    デイヴィッド(マイケル・ファスベンダー)



    デイヴィッド、ロレンスに似せています


    私はロレンスのピーター・オトゥールより、
    『ラ・マンチャの男』(1972年アメリカ映画)
    アーサー・ヒラー監督
    の、ドン・キホーテが好きです。
    ラ・マンチャの男 [DVD]/
    ピーター・オトゥール,ソフィア・ローレン,ジェームズ・ココ






    ↓トレーラー


    デビッド・ボウイもTV映画で演じた「Baal」(1982年)
    In Bertolt Brecht’s Baal/EMI UK






    これを舞台で1963年に初演した歌うホーボー、
    ピーター・オトゥールの写真がカッコいいので集めてみました。









    『アラビアのロレンス』がアカデミー作品賞
    デヴィッド・リーンが監督賞を取った1962年に、
    主演男優賞にノミネートされたのは、

    ピーター・オトゥール『アラビアのロレンス』

    バート・ランカスター『終身犯』

    ジャック・レモン『酒とバラの日々』

    マルチェロ・マストロヤンニ『イタリア式離婚狂想曲』

    グレゴリー・ペック『アラバマ物語』

    でした。
    これは、なかなか競争率が高いですね。
    さて、受賞したのは誰でしょうか...。



    はい、この人でしたョ。




    クイズもう一問
    『アラバマ物語』共演者のこの人は誰でしょう?




    ついにアカデミー賞主演男優賞は受賞することなく亡くなった
    ピーター・オトゥールのご冥福をお祈りします。
    2014年度のアカデミー賞主演男優賞には、
    ブルース・ダーン『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』
    ロバート・レッドフォード『オール・イズ・ロスト ~最後の手紙~』
    77歳の2人のノミネートが予想されます。
    このまま評判通りキウェテル・イジョフォー『それでも夜は明ける』
    の受賞となるか、
    それともピーター・オトゥールのパターンにならないよう、
    ブルース・ダーン、ロバート・レッドフォード2人のうちどちらかになるか、
    まだ予想には研究が必要そうです。
    ちなみにゴールデン・グローブ賞の男優賞は、
    ドラマ部門にロバート・レッドフォード
    コメディー/ミュージカル部門にブルース・ダーンがノミネートされています。
    2人がそれぞれの部門で受賞ってあるかも?
    さあ、どうなるでしょうか。


    本年度アカデミー賞最有力候補!本当の所
    2014年第86回アカデミー賞作品賞ノミネート予想
    ←クリック

    2014年アカデミー賞作品賞ノミネート予想作品の動画・あらすじ紹介
     その1
    ←クリック

    2014年アカデミー賞作品賞ノミネート予想作品の動画・あらすじ紹介
     その2
    ←クリック

    $映画中毒日記『新★映画時光』ブログ版
    25歳衝撃の才能ビックリマーク
    渡部亮平監督応援していますビックリマーク
    ぜひ、お近くの映画館にリクエストして下さいビックリマーク

    フォルツア総曲輪(富山)

    12月21日(土)~27日(金)


    東京 下高井戸シネマ
    12月23日(月)~28日(土)レイトショー上映

    21:10~22:48

    一般1300円 / 大学・専門1100円
    高校生・シニア・火曜日みなさま1000円
    会員900円
    松山 シネマルナティック

    2014年1月3日(金)~10日(金)


    東京 キネカ大森

    2014年1月4日(土)~10日(金)

    ★『箱入り息子の恋』と2本立てビックリマーク



    カチンコ読んで下さってありがとうございましたビックリマークランキングに参加してます映画にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへこれをクリックしてもらえたらうれしいです音譜

    読者登録してね

    0 0

    本年度アカデミー名誉賞受賞者とピーター・オトゥールのアカデミー主演男優賞ノミネート全8作品






    米アカデミー賞の選考・授与を行う、
    映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Sciences、AMPAS)には、
    16の支部(部会)があります。
    俳優、監督、脚本(ライター)、撮影監督、
    編集、音楽、美術デザイナー、
    衣装デザイン、
    メイクアップとヘアスタイリスト、
    音響、視覚効果、
    広報、映画プロデューサー、映画会社役員、
    ドキュメンタリー 
    短編映画と長編アニメーション

    この各支部の代表が集まって理事会を作り、
    映画芸術科学アカデミーを運営しています。
    本年度(2013~2014年度)の
    理事は各支部から出ている51人。
    役員は理事から選ばれた7人で、
    会長は広報支部のシェリル・ブーン・アイザックス
    筆頭副会長は短編映画・長編アニメーション支部のジョン・ラセターです。

    各支部から出ている理事は、
    良く知られた人だと、
    監督支部からキャサリン・ビグロー 、リサ・チョロデンコ、マイケル・マン
    俳優支部からアネット・ベニング、トム・ハンクス、エド・ベグリー・ジュニア
    ドキュメンタリー支部からマイケル・アップテッド、ロブ·エプスタイン、
    アレックス·ギブニー
    脚本(ライター)支部からビル・コンドン、
    音楽支部からデヴィッド·ニューマン
    短編映画・長編アニメーション支部のジョン・ラセター
    などがいます。

    理事会全メンバーはここ←クリック
    でどうぞ。

    はい、前説明が長くなりましたが、
    この映画芸術科学アカデミー理事会の賞
    Governors Awards(ガバナーズ・アワーズ)
    の中に、
    アカデミー名誉賞も含まれています。
    ガバナーズ・アワーズ授賞式は、
    アカデミー賞の授賞式とは別に行われます。
    今年は11月16日に行われました。
    授賞式にはスターや監督やハリウッド映画業界の
    ハリウッド・セレブたちが列席します。

    今年のGovernors Awards(ガバナーズ・アワーズ)
    名誉賞
    アンジェラ・ランズベリー
    『ガス燈』(1944)(イングリッド・バーグマンがアカデミー主演女優賞)
    『ドリアン・グレイの肖像』(1945)、
    『失われた時を求めて』(1962)
    で、3回助演女優賞にノミネート。

    アンジェラ・ランズベリーにオスカーを手渡す
    有名コラムニストのロバート・オズボーン
    (アカデミー主催のイベントの司会や公式レポーターなども良くする人9



    『ガス燈』のイングリッド・バーグマンと
    アンジェラ・ランズベリー


    スティーヴ・マーティン
    彼はアカデミー賞にノミネートされたことはありませんが、
    アカデミー賞授賞式の司会を3回しました。




    スティーヴ・マーティンにオスカーを手渡し、
    自分で記念撮影も

    ちょうどその翌日発表された
    オックスフォード辞典が選ぶ2013年の流行語が発表されました。
    日本でいうと「流行語大賞」みたいなものです。
    それが「selfie(セルフィー)」です。
    トム・ハンクスがしたような、
    スマホなどで自己撮影した写真、セルフショットのことです。
    これ、どこでもやっていますね。
    「selfie(セルフィー)」という言葉は、
    今後よく耳にすることになりそうです。





    ピエロ・トージ
    イタリア人衣装デザイナー。
    ルキノ・ヴィスコンティ監督との仕事が
    特に有名でヴィスコンティ作品の
    『山猫』(1963)、『ベニスに死す』(1971)、
    『ルートヴィヒ 神々の黄昏』(1972)
    他に『Mr.レディMr.マダム』(1978)、
    『トラヴィアータ/1985・椿姫』(1982)
    と、計5回アカデミー賞衣裳デザイン賞にノミネート
    されました。


    代理でオスカーを受け取ったのはこの人



    さて、誰だか分かりますか?イタリアの大女優です。
    ヴィスコンティ映画に出ています。




    はい、クラウディア・カルディナ―レです。


    これは山猫の若い恋人たち、
    上の写真と同じクラウディア・カルディナーレとアラン・ドロン
    (2010年のカンヌ映画祭で)



    若き日の色気ムンムンなクラウディア・カルディナーレ



    以上のアンジェラ・ランズベリー、スティーヴ・マーティン、ピエロ・トージが、
    本年度の名誉賞でした。

    ジーン・ハーショルト友愛(人道)賞
    長年に渡り、映画業界全体の発展に顕著な功績のあった人物に対して贈られる賞である。
    デンマーク出身の俳優で、映画界の人に援助を差し延べる映画救済基金の会長を18年務めたジーン・ハーショルトに因んで名づけられた。また彼は1945年から1949年までのあいだAMPASの会長も務めていた。受賞者には通常の賞と同じくオスカー像が贈られる。
    第84回アカデミー賞までに34名が受賞し、そのうち2名が死後受賞。
    オードリー・ヘプバーン、 エリザベス・テイラー、ポール・ニューマン、
    クインシー・ジョーンズ、ジェリー・ルイス、オプラ・ウィンフリー
    などが今までに受賞。
    昨年は、ジェフリー・カッツェンバーグが受賞
    (映画プロデューサー、
    ドリームワークス・アニメーション最高経営責任者)

    今年の受賞者はアンジェリーナ・ジョリー
    国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)親善大使、特使として
    世界各地の紛争地帯を訪れ、
    難民保護を訴えたり、寄付を集めたり、
    性暴力防止運動に携わるなどの長年の活動や、
    出演した『マイティ・ハート/愛と絆』、
    彼女の監督作品『最愛の大地』などでも、
    人道的な問題に取り組んだことが評価されました。
    2003年にはカンボジアで「マドックス・ジョリー・ピット基金プロジェクト」
    を立ち上げ、カンボジアの農業、教育、医療、職業訓練、
    インフラ整備、農村開発やマイクロクレジットプログラムと
    多岐にわたる分野で貢献してきました。
    この基金の名前に付いているカンボジア生まれの
    長男マドックスくん(12歳)も、
    アンジー、ブラピ、と一緒にこの授賞式に出席しました。

    アンジーのUNHCR親善大使、特使としての精力的な活動は、
    ここ←クリック
    にまとめてあったのでご覧ください目


    アンジー、マドックスくん、ブラピ



    オスカーをアンジーに手渡すジョージ・ルーカス監督





    アンジーとジーナ・ローランズ
    ジーナは壇上でアンジーの業績を称えるスピーチをしました。


    この授賞式には、エイミー·アダムス、
    バーカッド・アブディ(『キャプテン・フィリップス』ムセ役)
    ベン·スティラー、ビル・ヘイダー、ブルース·ダーン、
    スティーブ·マックイーン監督
    キウェテル・イジョフォー、ルピタ・ナヤンゴ
    コリン·ファレル、ダニエル·ブリュール
    デビッド·O·ラッセル監督、ジャクリーン·ビセット、
    ジェイク·ギレンホール、
    ジャレッド·レト、ジェニファー·ガーナー、
    ジョナ·ヒル、ジョン·グッドマン、
    ホナス・キュアロン(アルフォンソ・キュアロン監督の息子で、
    『ゼロ・グラビティ』脚本)
    ジャド・アパトー監督、マーク·ウォールバーグ、
    マシュー·マコノヒー、オクタヴィア·スペンサー、
    マイケル・B・ジョーダン(「フルーツ・ベイル・ステーション」)
    ラクエル·ウェルチ、スティーヴ·クーガン、
    ジュリア・ルイス=ドレイファス、ジェフリー・ラッシュ、
    ハリソン・フォード、ピーター・バーグ監督 他、
    たくさんのゲストが列席しました。

    ↓ゲストの中から2014年度アカデミー賞に関わって来そうな人たちの
     インタビューがまとめてあります(有望な人から既に圏外の人までいろいろです。)


    なぜ、今頃この記事を書いたかというと、
    Governors Awards(ガバナーズ・アワーズ)について、
    あまり詳しく書いてあるニュースを見かけなかったことと、
    昨日UPした記事、ピーター・オトゥールについて、
    彼はアカデミー賞主演男優賞に8回ノミネートされながら、
    1度の受賞もありませんでした。
    2003年にアカデミー名誉賞を受賞しましたが、
    そのことを書かなかったので、
    アカデミー名誉賞関連で記事にしようと思いました。


    2003年に名誉賞を受賞したピーター・オトゥールと
    プレゼンターのメリル・ストリープ


    ↓名誉賞受賞者は本賞受賞式でもう一度壇上で表彰とスピーチがあります。
     10年てあっという間ですが、スターが皆それぞれ若いです。


    ピーター・オトゥールは主演男優賞受賞経験がない最多候補者です。
    8回主演男優賞にノミネートされました。
    ノミネートされた年、作品は次の通り。
    その年の受賞者と作品も下に書きました。

    1度目1962年(第35回)『アラビアのロレンス』
               (トーマス・エドワード・ロレンス)



    アラビアのロレンス (1枚組) [DVD]/
    ピーター・オトゥール,オマー・シャリフ,アレック・ギネス


    受賞:グレゴリー・ペック 『アラバマ物語』
    アラバマ物語 [Blu-ray]/グレゴリー・ペック,メアリー・バダム,フィリップ・アルフォード


    2度目1964年(第37回)『ベケット』
               (イングランド王ヘンリー2世)
      リチャード・バートン(トマス・ベケット)と、ダブルノミネート




    受賞:レックス・ハリソン 『マイ・フェア・レディ』
    マイ・フェア・レディ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]/
    オードリー・ヘプバーン,レックス・ハリソン,スタンレー・ハロウェイ


    3度目1968年(第41回)『冬のライオン』
               (イングランド王ヘンリー2世)
               冬のライオン〈デジタルニューマスター版〉[日本語字幕入り] [DVD]/
    キャサリン・ヘップバーン,ピーター・オトゥール,アンソニー・ホプキンス




    受賞:クリフ・ロバートソン『まごころを君に』(アルジャーノンに花束を)
    アルジャーノンに花束を リバースエディション [DVD]/
    クリフ・ロバートソン,クレア・ブルーム,リリア・スカラ


    4度目1969年(第42回)『チップス先生さようなら』
              (アーサー・チッピング)
    チップス先生さようなら(1969) [DVD]/
    ピーター・オトゥール,ペトゥラ・クラーク,マイケル・レッドグレーヴ




    受賞:ジョン・ウェイン『勇気ある追跡』
    勇気ある追跡 [DVD]/
    ジョン・ウェイン

    2010年リメイク作品「トゥルー・グリット」

    5度目1972年(第45回)「The Ruling Class ザ・ルーリング・クラス」
              (ジャック・ガー二ー)




    受賞:マーロン・ブランド(辞退)『ゴッド・ファーザー』
    ゴッドファーザー [DVD]/マーロン・ブランド,アル・パチーノ,ジェームズ・カーン


    6度目1980年(第53回)『スタントマン』
              (エリ・クロス 映画監督役です)




    受賞:ロバート・デ・ニーロ『レイジング・ブル』
    レイジング・ブル [Blu-ray]/ロバート・デ・ニーロ,キャシー・モリアーティ,ジョー・ペシ


    7度目1982年(第55回)「My Favorite Year マイ・フェイヴァリット・イヤー」
               (アラン・スワン)




    受賞:ベン・キングズレー『ガンジー』
    ガンジー コレクターズ・エディション [DVD]/
    ベン・キングズレー,キャンディス・バーゲン,エドワード・フォックス


    8度目2006年(第79回)『ヴィーナス』
              (モーリス)
    ヴィーナス 特別版 [DVD]/
    ピーター・オトゥール,レスリー・フィリップス,ヴァネッサ・レッドグレーヴ




    受賞:フォレスト・ウィテカー『ラスト・キング・オブ・スコットランド』
    ラストキング・オブ・スコットランド(特別編) [DVD]/
    フォレスト・ウィテカー,ジェームズ・マカヴォイ,ケリー・ワシントン


    こうやってみると、やはり1960年代に受賞しておきたかったですね。
    8度目は最後のチャンスと言われたノミネートでしたが...
    受賞ならず。
    でも、名作映画の中でいつまでも輝き続けるのは間違いありません。

    クラウディア・カルディナ―レがジャンヌ・モローと共演した、
    105歳のポルトガルの現役監督マノエル・ド・オリベイラの
    2012年の作品が来年公開されます。
    2014年2月15日岩波ホールで封切
    『家族の灯り』O Gebo e a Sombra

    キャスト:
    クラウディア・カルディナーレ
    ジャンヌ・モロー
    マイケル・ロンズデール
    リカルド・トレパ
    レオノール・シルベイラ
    ルイス・ミゲル・シントラ

    1908年生まれで現役世界最高齢監督のマノエル・デ・オリベイラが、104歳となる2012年に発表した長編作品。ヨーロッパの小さな港町で、帳簿係として働くジェボは、妻と義理の娘とともに、8年前に失踪した息子ジョアンの帰りを待ちわびていた。そんなある日、息子が突然姿を現し、家族は動揺を隠し切れず……。ジャンヌ・モロー、クラウディア・カルディナーレという2人の名女優を筆頭に、マイケル・ロンズデール、ルイス・ミゲル・シントラらをキャストに迎え、ある家族の愛を描いたポルトガルの戯曲を映画化した。

    ↓予告


    これは、もう超大ベテランたちの仕事で、見逃せないです!
    浜松シネマイーラでも上映予定に入っています。

    本年度アカデミー賞最有力候補!本当の所
    2014年第86回アカデミー賞作品賞ノミネート予想
    ←クリック

    2014年アカデミー賞作品賞ノミネート予想作品の動画・あらすじ紹介
     その1
    ←クリック

    2014年アカデミー賞作品賞ノミネート予想作品の動画・あらすじ紹介
     その2
    ←クリック

    $映画中毒日記『新★映画時光』ブログ版
    25歳衝撃の才能ビックリマーク
    渡部亮平監督応援していますビックリマーク
    ぜひ、お近くの映画館にリクエストして下さいビックリマーク

    フォルツア総曲輪(富山)

    12月21日(土)~27日(金)


    東京 下高井戸シネマ
    12月23日(月)~28日(土)レイトショー上映

    21:10~22:48

    一般1300円 / 大学・専門1100円
    高校生・シニア・火曜日みなさま1000円
    会員900円
    松山 シネマルナティック

    2014年1月3日(金)~10日(金)


    東京 キネカ大森

    2014年1月4日(土)~10日(金)

    ★『箱入り息子の恋』と2本立てビックリマーク



    カチンコ読んで下さってありがとうございましたビックリマークランキングに参加してます映画にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへこれをクリックしてもらえたらうれしいです音譜

    読者登録してね

    0 0

    四十九日のレシピ
    12月21日(土)~2014年1月17日(金)

    浜松でもロケしてますビックリマーク





    $映画中毒日記『新★映画時光』ブログ版


    $映画中毒日記『新★映画時光』ブログ版


    ↓予告動画


    監督:タナダユキ

    キャスト:

    永作博美   高岩百合子

    石橋蓮司   熱田良平

    岡田将生   ハル

    二階堂ふみ  イモ

    原田泰造   高岩浩之

    淡路恵子   珠子

    内田慈

    荻野友里

    中野英樹

    小篠恵奈

    執行佐智子

    赤座美代子

    茅島成美

    NHKでドラマ化もされた伊吹有喜の人気小説を、
    「百万円と苦虫女」「ふがいない僕は空を見た」の
    タナダユキ監督が映画化。
    母が残したあるレシピによって、
    離れ離れになっていた家族が再び集い、
    それぞれが抱えた心の傷と向き合いながら再生していく姿を描く。
    妻の乙美を亡くして生きる気力を失っていた良平のもとに、
    夫の不倫で結婚生活が破たんし、
    離婚を決意した娘の百合子が戻ってくる。
    そして、そんな2人の前に、派手な服を着た不思議な少女イモが現れる。
    イモは、乙美から頼まれていた四十九日までの家事を
    引き受けにやってきたと言い、
    乙美が残したというレシピの存在を伝える。
    百合子役で永作博美が主演。
    父・良平役の石橋蓮司、イモ役の二階堂ふみらが共演。(映画.COMより)

    浜松シネマイーラは今年の12月5日で開館5周年を迎えました。
    2008年のオープニング作品が
    この映画のタナダユキ監督の『百万円と苦虫女』と、
    ドキュメンタリー映画『靖国』でした。
    5周年を迎える12月にこの映画が上映されるのも何かの縁でしょうか。

    この映画はシネコンでの公開が多く、
    ブロガーさんたちはもう殆ど観ている感じですね。
    このブログは残念なことにイーラの関係者や
    イーラのお客さんにはあまり?殆ど?読まれていないので、
    書いてしまいますが、
    正直この作品に対する気持ちは封切から1か月以上経って、
    期待度が変わってしまいました。
    でも、自分で観てみないと分からないことは必ずあると思うし、
    キャストのみなさん好きな人ばかりだし、
    タナダユキ監督のスタンダードな演出も観てみたいので、
    いつも通りちゃんと観ますよ目
    予告の二階堂ふみちゃんにはホントときめいちゃうし(笑)
    うちの娘と1歳違い(生まれ月が同じなのでホントに1歳)
    なんて、信じられないです(^^ゞ
    (娘もふみちゃんが好きですけどネ。)
    園子温監督の『地獄でなぜ悪い』とはまた違った、
    弾けかたしてそうなふみちゃん楽しみに観ます。


    『地獄でなぜ悪い』のこのシーン、
    飴かカラメル焼みたいなもので
    やったのでしょうけど、リアルに痛そ~に見えましたよ(笑)


    『四十九日のレシピ』は岐阜県瑞浪市で主にロケされました。
    実は浜松でもロケがあったのですビックリマーク
    浜松の人ならきっとすぐ気付く場所です。
    どのシーンか探してみて下さいね目



    12月27日(金)まで
    『あの頃、君を追いかけた』

    ロードショー公開中音譜
    『楽隊のうさぎ』

    本年度アカデミー賞最有力候補!本当の所
    2014年第86回アカデミー賞作品賞ノミネート予想
    ←クリック

    2014年アカデミー賞作品賞ノミネート予想作品の動画・あらすじ紹介
     その1
    ←クリック

    2014年アカデミー賞作品賞ノミネート予想作品の動画・あらすじ紹介
     その2
    ←クリック

    $映画中毒日記『新★映画時光』ブログ版
    25歳衝撃の才能ビックリマーク
    渡部亮平監督応援していますビックリマーク
    ぜひ、お近くの映画館にリクエストして下さいビックリマーク

    フォルツア総曲輪(富山)

    12月21日(土)~27日(金)


    東京 下高井戸シネマ
    12月23日(月)~28日(土)レイトショー上映

    21:10~22:48

    一般1300円 / 大学・専門1100円
    高校生・シニア・火曜日みなさま1000円
    会員900円
    松山 シネマルナティック

    2014年1月3日(金)~10日(金)


    東京 キネカ大森

    2014年1月4日(土)~10日(金)

    ★『箱入り息子の恋』と2本立てビックリマーク



    カチンコ読んで下さってありがとうございましたビックリマークランキングに参加してます映画にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへこれをクリックしてもらえたらうれしいです音譜

    読者登録してね

    0 0

    自分達の農業の未来の設計図「人・農地プラン」や新規就農者の取組について詳しく解説

    0 0

    今週末から封切で今後シネマイーラで上映される作品のご紹介
    『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』
    Only Lovers Left Alive
    アメリカ・イギリス・ドイツ合作 2013年製作


    2014年3月1日(土)~14日(金)






    $映画中毒日記『新★映画時光』ブログ版


    $映画中毒日記『新★映画時光』ブログ版


    ↓予告


    ↓トレーラー


    監督・脚本:ジム・ジャームッシュ

    キャスト:

    トム・ヒドルストン    アダム

    ティルダ・スウィントン  イブ

    ミア・ワシコウスカ    エヴァ

    ジョン・ハート      マーロウ

    アントン・イェルチン   イアン

    ジェフリー・ライト    ドクター・ワトソン

    「リミッツ・オブ・コントロール」(2009)以来、
    約4年ぶりとなるジム・ジャームッシュの監督作。
    ミュージシャンと吸血鬼を題材に描くラブストーリーで、
    トム・ヒドルストンとティルダ・スウィントンが、
    孤独な宿命を背負った吸血鬼のカップルを演じた。
    吸血鬼でありながら、マルチミュージシャンとして活躍するアダムは、
    自己破滅的な人間たちの振る舞いを憂えていた。
    そんなある日、何世紀にもわたり愛し合ってきた恋人で、
    吸血鬼のイヴと久しぶりに再会。
    しかし、イヴの妹エヴァが2人のもとを訪れたことをきっかけに、
    3人の運命がゆっくりと変わっていく。(映画.COM)

    ジム・ジャームッシュのこの新作は、
    今年のカンヌ映画祭のコンペティション部門にも出品されたし、
    もう何回も紹介しました。
    ジャームッシュ作品は自分が20歳のころから劇場で観てきました。
    『ストレンジャー・ザン・パラダイス』
    ストレンジャー・ザン・パラダイス [DVD]/
    ジョン・ルーリー,エスター・バリント,リチャード・エドソン

    『ダウン・バイ・ロー 』
    ダウン・バイ・ロー [DVD]/
    トム・ウェイツ,ジョン・ルーリー,ロベルト・ベニーニ

    この初期の2作は、
    学生時代に京都で観ています。懐かしいなァ。
    自己愛強い人で、オレ様映画でもありますが、
    感性が合うので好きなのです。
    この映画は正直な所、ジム・ジャームッシュのファンか、
    キャストのファン以外の方には特におススメしません。
    分からない、つまらない、とか、言われたくないので...(苦笑)
    私は遠征も考えていたので、シネマイーラで上映が決まって本当に嬉しいですニコニコ






    『キューティー&ボクサー』
    Cutie and the Boxer
    2014年2月22日(土)~3月7日(金)





    ↓予告


    監督:ザッカリー・ハインザーリング

    キャスト:

    篠原有司男

    篠原乃り子

    米ニューヨーク在住で「ボクシング・ペインティング」
    で知られる現代芸術家・篠原有司男と
    その妻・篠原乃り子に4年にわたり密着したドキュメンタリー。
    1932年生まれの有司男は岡本太郎の言葉に感銘を受け、前衛芸術に傾倒。
    60年に結成された芸術集団「ネオダダイズム・オルガナイザーズ」の
    中心メンバーとして活躍するなどし、69年に渡米。
    ジャンクアートやパフォーマンス、そして
    「ボクシング・ペインティング」で名を広め、
    80歳を超えた今もなお、若き日の反骨精神もそのままに創作活動を続けている。
    美術学生時代に有司男と出会って結婚した妻・乃り子は、
    そんな有司男との混沌とした40年にわたる夫婦の歴史を、
    自らの分身として編み出したヒロイン「キューティー」に託して
    ドローイングでつづっていく。
    夫婦に魅了された29歳の新鋭ザッカリー・ハインザーリング監督が、
    アートという永遠のテーマと戦い続ける2人の姿を追った。

    この映画は今年のサンダンス映画祭の
    ドキュマンタリー部門で監督賞を受賞するなど、
    評価の高い作品です。
    アカデミー賞ドキュメンタリー映画部門のノミネートを争う、
    ショートリスト入りしていて、
    ノミネートされるかもしれません。
    私はとても観たかった作品なのでイーラで上映されて嬉しいですアート


    ファイアbyルブタン
    2014年3月1日(土)~3月21日(金)







    ↓予告


    監督:ブルノ・ユラン

    音楽:デビッド・リンチニコニコ

    キャスト:

    クリスチャン・ルブタン

    クレイジー・ホースのダンサー

    世界的ファッションデザイナーのクリスチャン・ルブタンが演出、
    鬼才デビッド・リンチが音楽で参加し、
    フランス・パリの老舗ナイトクラブ「クレイジー・ホース」で
    わずか80日間だけ上演された伝説のショーを映像化。
    「Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」の撮影スタッフが参加し、
    本作のために全演目を新たに撮り下ろした。
    実際のショーでは見られないさまざまな角度からダンサーたちの肉薄し、
    臨場感たっぷりの3D映像でスクリーンに映し出す。


    観察映画の巨匠フレデリック・ワイズマン監督
    『クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち』←クリックでセクシーな画像いっぱいあります(笑)の私の記事へ
    クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち 【通常版】 [DVD]/
    ドキュメンタリー映画


    これもシネマイーラで上映されて、
    キレイなおっぱいやおしりが本当にセクシーで美しかったですキスマーク
    照明もダンスもこれが素晴らしいアートです。

    そして今回はルブタンが演出、
    音楽がわが師匠デヴィッド・リンチという超豪華なステージが、
    シネマイーラでも3D上映されますよビックリマーク
    いや~これは本当に楽しみでありますニコニコ

    年明けのイーラのラインナップにご期待くださいビックリマーク


    本年度アカデミー賞最有力候補!本当の所
    2014年第86回アカデミー賞作品賞ノミネート予想
    ←クリック

    2014年アカデミー賞作品賞ノミネート予想作品の動画・あらすじ紹介
     その1
    ←クリック

    2014年アカデミー賞作品賞ノミネート予想作品の動画・あらすじ紹介
     その2
    ←クリック

    $映画中毒日記『新★映画時光』ブログ版
    25歳衝撃の才能ビックリマーク
    渡部亮平監督応援していますビックリマーク
    ぜひ、お近くの映画館にリクエストして下さいビックリマーク

    フォルツア総曲輪(富山)

    12月21日(土)~27日(金)


    東京 下高井戸シネマ
    12月23日(月)~28日(土)レイトショー上映

    21:10~22:48

    一般1300円 / 大学・専門1100円
    高校生・シニア・火曜日みなさま1000円
    会員900円
    松山 シネマルナティック

    2014年1月3日(金)~10日(金)


    東京 キネカ大森

    2014年1月4日(土)~10日(金)

    ★『箱入り息子の恋』と2本立てビックリマーク



    カチンコ読んで下さってありがとうございましたビックリマークランキングに参加してます映画にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへこれをクリックしてもらえたらうれしいです音譜

    読者登録してね

    0 0

    只今公開中で今後シネマイーラで上映される作品のご紹介

    先週から封切の作品の紹介をしそびれていました。
    また、『標的の村』はまだ紹介していませんでした。
    5作品ど~んとご紹介しますビックリマーク

    『かしこい狗は、吠えずに笑う』
    東京で上映ですビックリマーク
    東京 下高井戸シネマ

    12月23日(月)~28日(土)レイトショー上映
    21:10~22:48

    『鑑定士と顔のない依頼人』
    2月8日(土)~2月28日(金)







    ↓予告動画


    監督・脚本:ジュゼッペ・トルナトーレ

    キャスト:

    ジェフリー・ラッシュ   バージル・オドマン

    ジム・スタージェス    ロバート

    シルビア・ホークス    クレア

    ドナルド・サザーランド  ビリー

    「ニュー・シネマ・パラダイス」「海の上のピアニスト」の
    名匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督が、
    ジェフリー・ラッシュを主演に迎えて描くミステリー。
    天才的な審美眼を誇る鑑定士バージル・オドマンは、
    資産家の両親が残した絵画や家具を査定してほしいという依頼を受け、
    ある屋敷にやってくる。
    しかし、依頼人の女性クレアは屋敷内のどこかにある
    隠し部屋にこもったまま姿を現さない。
    その場所を突き止めたバージルは我慢できずに部屋をのぞき見し、
    クレアの美しさに心を奪われる。
    さらにバージルは、美術品の中に歴史的発見ともいえる美術品を見つけるが……。
    音楽はトルナトーレ作品常連のエンニオ・モリコーネ。
    イタリアのアカデミー賞と言われるダビッド・ディ・ドナテッロ賞で、
    作品賞、監督賞、音楽賞をはじめ6部門を受賞。

    ジュゼッペ・トルナトーレ監督というとまず『ニュー・シネマ・パラダイス』
    を連想されると思いますが、
    『題名のない子守唄』これが、
    とても見応えあるミステリーでした。おススメです!
    題名のない子守唄 [DVD]/
    ピエラ・デッリ・エスポスティ,クラウディア・ジュリーニ,クセニア・ラパポルト


    今回の『鑑定士と顔のない依頼人』も
    ミステリー作品です。
    この作品ももとても見応えありそうで期待してますビックリマーク
    私的には好きなジム・スタージェスが出ているのもポイント上がりますニコニコ


    『標的の村』
    1月11日(土)~17日(金)





    ↓予告動画


    監督:三上智恵

    ヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)建設や
    新型輸送機オスプレイ配備に反対する
    沖縄県東村高江の住民たちの姿を記録したドキュメンタリー。
    2012年9月29日、オスプレイが配備される前夜に
    普天間基地ゲート前に座り込んだ人々が、
    強制排除に乗り出した警察と衝突する様子の一部始終など、
    反対運動を続ける住民たちに寄り添いながら、
    沖縄の米軍基地問題の歴史を紐解いていく。
    琉球朝日放送が制作、同局でキャスターを務める三上智恵が監督。

    シネマイーラでは、『誰も知らない基地のこと』
    誰も知らない基地のこと [DVD]/
    ゴア・ヴィダル,ノーム・チョムスキー,チャルマーズ・ジョンソン


    『ひまわり 沖縄は忘れない あの日の空を』←クリックで記事へ
    など、
    沖縄と平和を考える作品を上映してきました。
    『標的の村』もとても観たかったです。
    封切から大分遅れてしまいましたが、
    この映画は上映されることに大変意義があります。
    1週間の上映ですが、ぜひご覧くださいビックリマーク


    『ブリングリング』
    2月15日(土)~28日(金)





    ↓予告動画


    監督:ソフィア・コッポラ

    製作:ロマン・コッポラ
       ソフィア・コッポラ

    製作総指揮:フランシス・フォード・コッポラ

    原作:ナンシー・ジョー・セールズ

    キャスト:

    エマ・ワトソン     ニッキー

    レスリー・マン     ローリー

    タイッサ・ファーミガ  サム

    クレア・ジュリアン   クロエ

    イズラエル・ブルサール マーク

    ケイティ・チャン    レベッカ

    「ロスト・イン・トランスレーション」
    「SOMEWHERE」のソフィア・コッポラ監督が、
    米ロサンゼルス・ハリウッドで発生した
    ティーンエイジャーによる窃盗事件を題材に、
    欲望のままに犯罪に手を染めていく少女たちを描いた青春ドラマ。
    ハリウッドセレブが邸宅を構える高級住宅街カラバサス。
    セレブたちの華やかな生活にあこがれる少女ニッキーら5人組は、
    いたずら半分にセレブの豪邸をインターネットで調べ、
    空き巣を繰り返してブランド物を次々と盗み出していく。
    出来心ではじめた冒険だったが、
    やがて5人は後戻りのできないところまで足を踏み入れてしまう。
    ニッキー役に「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソン。
    実際に事件の被害にあったパリス・ヒルトンが自宅をロケ地として提供した。

    コッポラファミリー制作映画で、
    東京国際映画祭にソフィア、パパ、ママが来日しましたね。
    エマ・ワトソンン出演作品は、
    『ウォールフラワー』1/25~2/14
    と、連続になりますよビックリマーク


    『セッションズ』
    3月に上映





    ↓予告動画


    監督・脚本:ベン・リューイン

    障害者の性を題材に、首から下が麻痺してしまった男性が
    愛する女性と肉体的にもつながりたいという願いをかなえるため
    奮闘する日々を、温かなユーモアとともに描く。
    幼少期にかかったポリオが原因で首から下が麻痺し、
    重度の呼吸障害を抱えるマークは、
    それでも人生を悲観することなく生きてきた。
    38歳になり、若く美しいヘルパーのアマンダに恋したマークは、
    健常な男性同様に「愛する女性と肉体的にもつながりたい」と願うようになる。
    周囲の励ましもあり、意を決したマークは
    セックスセラピストのもとに通い始めるが……。
    主人公マークを演じたジョン・ホークスが
    第70回ゴールデングローブ賞ドラマ部門で主演男優賞に、
    セラピスト役のヘレン・ハントが
    第85回アカデミー賞で助演女優賞にそれぞれノミネートされた。
    監督は自身もポリオサバイバーであるベン・リューイン。

    シネマイーラは20世紀FOXと契約しましたので、
    フォックス・サーチライト配給のインディ系作品の上映もできるようになり、
    この作品の上映も決まりました。
    とても観たかったので嬉しいです音譜


    『少女は自転車にのって』
    3月に上映




    ↓予告動画


    監督・脚本:ハイファ・アル=マンスール

    キャスト:

    ワアド・ムハンマド  ワジダ

    リーム・アブドゥラ  ワジダの母

    映画館の設置が法律で禁じられている
    サウジアラビア初の女性監督ハイファ・アル=マンスールが、
    同国俳優を起用し、すべて国内で撮影したサウジアラビア初の長編映画。
    10歳のおてんば少女ワジダは、
    幼なじみの少年アブドゥラと自転車競走がしたいが、
    母親は女の子が自転車に乗ることに反対する。
    そんな時、学校でコーラン暗唱コンテストが行われることになり、
    ワジダはその賞金で自転車を買おうと一生懸命コーランの暗唱に取り組むが……。
    女性がひとりで外出することや車を運転することが禁じられている同国で、
    ひとりの少女が女性として生きることの厳しさに直面しつつも、
    前向きに生きる姿を活写する。

    この作品は2014年のアカデミー賞外国語映画部門のサウジ代表作品です。

    私は世界中の国の映画を観ることをライフワークにしていますが、
    サウジ映画は初めて。しかも女性監督ですビックリマーク
    本当に楽しみな作品ですニコニコ
    監督のインタビューはここ←クリック


    本年度アカデミー賞最有力候補!本当の所
    2014年第86回アカデミー賞作品賞ノミネート予想
    ←クリック

    2014年アカデミー賞作品賞ノミネート予想作品の動画・あらすじ紹介
     その1
    ←クリック

    2014年アカデミー賞作品賞ノミネート予想作品の動画・あらすじ紹介
     その2
    ←クリック

    『かしこい狗は、吠えずに笑う』

    $映画中毒日記『新★映画時光』ブログ版
    25歳衝撃の才能ビックリマーク
    渡部亮平監督応援していますビックリマーク
    ぜひ、お近くの映画館にリクエストして下さいビックリマーク

    フォルツア総曲輪(富山)

    12月21日(土)~27日(金)


    東京 下高井戸シネマ
    12月23日(月)~28日(土)レイトショー上映

    21:10~22:48

    一般1300円 / 大学・専門1100円
    高校生・シニア・火曜日みなさま1000円
    会員900円
    松山 シネマルナティック

    2014年1月3日(金)~10日(金)


    東京 キネカ大森

    2014年1月4日(土)~10日(金)

    ★『箱入り息子の恋』と2本立てビックリマーク



    カチンコ読んで下さってありがとうございましたビックリマークランキングに参加してます映画にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへこれをクリックしてもらえたらうれしいです音譜

    読者登録してね

    0 0

    運転技術や少しの心がけで燃費のいい走りができるのがエコドライブ!詳しくは、こちら

    0 0

    日本全国ミニシアターの旅 with スーパーカブの
    KayouMaruさん浜松シネマイーラへご来場クラッカー


    『楽隊のうさぎ』新しいフライヤーができましたビックリマーク











    『楽隊のうさぎ』公開中ビックリマーク
    ロードショーの映画館

    浜松シネマイーラ

    静岡シネギャラリー

    清水町シネプラザサントムーン

    渋谷ユーロスペース

    新宿武蔵野館

    横浜シネマ・ジャック&ベティ

    川崎市アートセンター

    年内に公開の映画館

    愛知名古屋シネマテーク 12月23日(月)~

    群馬シネマテークたかさき 12月21日(土)~

    大阪第七藝術劇場 12月28日(土)~

    大阪シネ・ヌーヴォ 12月28日(土)~

    北海道シアターキノ 12月28日(土)~

    新潟シネ・ウインド 12月28日(土)~

    福岡KBCシネマ 12月28日(土)~


    その他の上映館はここ←クリック
    全国約50館で公開されますビックリマーク




    日本全国のミニシアターをスーパーカブで巡る旅をしてみえた、
    KayouMaruさんが、
    12月20日(金)の夜、浜松シネマイーラに来て下さいました。
    彼のブログを見ていて、各地を回る早さに驚いていました。
    あ、もう名古屋なんだ、
    そろそろ浜松シネマイーラに来てもらえるころかなァ?
    (以前ぜひ寄って下さいとリクエストしたら、
    計画に入っていました。良かったニコニコ
    と思っていました。
    私は『スーサイド・ショップ』が観てなくて、
    最終日の20日の夜出かけて行きました。
    そして、イーラの前のいつも自分が自転車を止めてる場所を見ると...
    「あ、スーパーカブだ!」(ノ゚ο゚)ノ
    なんと偶然来てみえるではないですか!
    本当は『スーサイド・ショップ』の前の時間に上映されていた、
    『楽隊のうさぎ』をご覧になる予定だったそうですが、
    日本1周してみえて、スーパーカブもそろそろさすがにお疲れか、
    パンクしてしまい修理をしていたので、
    『楽隊のうさぎ』の上映時間に間に合わなかったそうです。
    それで次の『スーサイド・ショップ』を鑑賞されることに。

    鑑賞後にロビーでお話しさせて戴きました。
    彼はせっかくなので浜松発の『楽隊のうさぎ』を、
    シネマイーラで観ようと計画してみえたので
    パンクで遅れてしまい残念だと言われました。
    そこに、これまたなんという偶然でしょう。
    彼がアルバイトをしてみえる
    「TKPシアター柏 supported by KINEJUN」
    での『楽隊のうさぎ』の上映が決まったという知らせが\(゜□゜)/
    シネマイーラにあったのです。
    (これ、作ってませんよホントです!)
    いや~なんだか映画の神様を感じてしまいましたョ(o^-')b
    彼もこれでバイト先で観られると喜んでいました。
    良かった、よかった(^_^)v

    私は学生時代京都から実家の愛知県蒲郡市まで
    バイクで帰省していたことがありますが、
    スーパーカブでテントで野宿しながら全国のミニシアター回るって、
    いくら若いとはいえ、
    スゴイ根性だなァと感心していました。
    そしたら彼は小さい頃からずっとサッカーをしてみえて、
    清水カップという少年サッカーの全国大会に出場し、
    清水(現在静岡市)で試合をしたこともあるそうです。
    大学でもサッカーしてみえた筋金入りのサッカー青年。
    それで納得いきました。
    でも彼はルックスはサッカー選手というよりフィギアスケートの
    羽生結弦選手(オリンピック一番乗り)や小塚崇彦選手のような
    繊細なイメージ。
    あと「明るい」森山未來な雰囲気も!?


    羽生結弦選手


    小塚崇彦選手


    「明るい」森山未來


    KayouMaruさんはとても礼儀正しくて爽やかな青年でした。
    私は部活でソフトボールやっていましたので
    根がどこか体育会系なんですョ。
    若い頃バンドしていて、映画、アート好きなんていうと、
    文化系と思われそうですが
    性格はどちらかというとスポ根系です(笑)
    礼儀正しくて爽やかなスポーツ青年ってポイント高いです(o^-')b
    映画業界をめざすそうなので影ながら応援したいです。
    彼のような爽やかでバイタリティーある青年に頑張ってもらいたいです。

    私はこの時代に携帯電話を持っておらず、
    この日はコンパクトカメラも持っていなかったので、
    彼の写真を撮ることができませんでしたので、
    彼の顔をスケッチさせてもらい、
    似顔絵描かせて戴きました。



    彼の爽やかさは同じくサッカー少年だった、
    俳優の井坂俊哉さんの素顔に似ていると感じました。
    井坂さんはジュビロ磐田ジュニアユースのゴールキーパーをしてみえました。
    森田芳光監督が彼にアテ書きした役で出演した、
    『わたし出すわ』のイーラでの上映時に、
    舞台挨拶してくれました。
    井坂さんは映画ではゴツイ役だったりしますが、
    素顔はとても爽やかな青年でした。
    (『わたし出すわ』では気弱な役でした。
    森田監督がこの市電の運転手役を井坂さんにアテ書きしたのは、
    井坂さんの繊細な面も監督は見込んでいたからだと思います。)
    わたし出すわ [DVD]/
    小雪,黒谷友香,井坂俊哉





    シネマイーラで


    ↓『わたし出すわ』


    東京から故郷の北海道に戻ってきた山吹摩耶は、どうやって稼いだのか、莫大な財産を築いていた。しかし、彼女自身は質素な生活しか送らず、代わりに高校時代の友人たちに、彼らの夢を叶えるために無償で大金を差し出していく。お金を受け取った人々の、そして摩耶の行く末は…。(映画.COMより)

    監督・脚本:森田芳光

    キャスト:
    小雪
    黒谷友香
    井坂俊哉
    山中崇
    小澤征悦
    小池栄子
    仲村トオル
    小山田サユリ
    ピエール瀧
    北川景子
    永島敏行
    袴田吉彦
    加藤治子
    藤田弓子 他


    KayouMaruさんは、静岡、横浜をへて、
    もうご自宅に帰られたでしょう。
    10月31日からの長い旅、大変お疲れ様でした!

    彼の浜松シネマイーラの記事はここ←クリック

    彼の「日本全国ミニシアターの旅 with スーパーカブ」は、
    映画ファンならいつかはやってみたいと憧れる旅です。
    ブログは全国ミニシアターの旅の紀行文です。
    画像もいっぱいです。
    ぜひ読んでみて下さい目

    「日本全国ミニシアターの旅 with スーパーカブ」
    http://ameblo.jp/g0313190/


    KayouMaruさんにお会いしてお話ができて、
    とても嬉しかったです。
    これからも目標に向かって頑張って下さい。
    影ながら応援していますビックリマーク

    『楽隊のうさぎ』←クリックで公式HPへ
    (鈴木卓爾監督)は、
    私は一口出資し、
    エキストラ体験もし、
    なんだか客観視が難しくなっているので、
    浜松以外でご覧になる方の感想、評価が気になります。
    既にアメブロブロガーさんでご覧になった方もみえて、
    よい評価をしてくださっているブログ記事を読ませて戴き、
    ホッとしています。
    全国50館以上での上映になりそうです。
    お近くで上映されてご都合よろしければご覧くださいネ。


    本年度アカデミー賞最有力候補!本当の所
    2014年第86回アカデミー賞作品賞ノミネート予想
    ←クリック

    2014年アカデミー賞作品賞ノミネート予想作品の動画・あらすじ紹介
     その1
    ←クリック

    2014年アカデミー賞作品賞ノミネート予想作品の動画・あらすじ紹介
     その2
    ←クリック

    『かしこい狗は、吠えずに笑う』

    $映画中毒日記『新★映画時光』ブログ版
    25歳衝撃の才能ビックリマーク
    渡部亮平監督応援していますビックリマーク
    ぜひ、お近くの映画館にリクエストして下さいビックリマーク

    フォルツア総曲輪(富山)

    12月21日(土)~27日(金)


    東京 下高井戸シネマ
    12月23日(月)~28日(土)レイトショー上映

    21:10~22:48

    一般1300円 / 大学・専門1100円
    高校生・シニア・火曜日みなさま1000円
    会員900円
    松山 シネマルナティック

    2014年1月3日(金)~10日(金)


    東京 キネカ大森

    2014年1月4日(土)~10日(金)

    ★『箱入り息子の恋』と2本立てビックリマーク



    カチンコ読んで下さってありがとうございましたビックリマークランキングに参加してます映画にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへこれをクリックしてもらえたらうれしいです音譜

    読者登録してね

    0 0

    食と環境を考える映画祭
    ドキュメンタリー映画を3本上映ビックリマーク
    『世界が食べられなくなる日』 2014年2月1日(土)~7日(金)

    『よみがえりのレシピ』 2014年2月8日(土)~14日(金)

    『もったいない!』 2014年2月15日(土)~21日(金)

    第一弾アップ
    『世界が食べられなくなる日』 2014年2月1日(土)~7日(金)


    原題:Tous cobayes?(全員モルモット?) 
    フランス映画 2012年製作







    ↓予告動画


    監督:ジャン=ポール・ジョー

    製作:ベアトリス・カミュラ・ジョー

    ナレーション:フィリップ・トレトン
     (『ムード・インディゴ うたかたの日々』『アルティメット2』『灯台守の恋』)

    パーカッション:ドゥドゥ・ニジャエ・ローズ
    セネガルが世界に誇るパーカッション奏者、ドゥドゥ・ニジャエ・ローズが日本の和太鼓とコラボで出演、生命のリズムが大地に鳴り響きます。

    「未来の食卓」「セヴァンの地球のなおし方」
    で食物や環境の汚染問題を取り上げたジャン=ポール・ジョー監督が、
    遺伝子組み換え食品の実態に迫ったドキュメンタリー。
    2009年、フランスで「ラットの一生(2年間)に
    遺伝子組み換えトウモロコシを与え続けると、
    どんな影響が起こるのか」という実験が行われ、世界的に注目を集める。
    その研究結果に密着するとともに、
    世界2位の原発保有国であるフランスの「原発がある風景」も捉え、
    遺伝子組み換えと原子力発電という2つのテクノロジーの意外な接点を明らかにする。
    (映画.COMより)

    世界で初めて、遺伝子組み換え作物を与えたラットの長期実験にカメラが密着。
    “遺伝子組み換え”と“原子力”、
    いのちの根幹を脅かす二つのテクノロジーの三つの共通点、
    それは後戻りができないこと、
    すでに世界中に拡散していること、
    そして体内に蓄積されやすいこと。
    セラリーニ教授は映画の冒頭で警告する
    「20世紀に世界を激変させたテクノロジーが二つあります。
    核エネルギーと遺伝子組み換え技術です。
    これらは密接に関係しています。
    米国エネルギー省は原爆につぎ込んだ金と技術者を使って、
    ヒトゲノムの解析を始めました。
    そこから遺伝子組み換え技術が誕生しました」。
    (公式HPより)

    内容としては、
    今年の2月にシネマイーラで上映された、
    『モンサントの不自然な食べもの』←クリックで記事へ
    の続編になるような作品です。
    モンサントの不自然な食べもの [DVD]/
    ドキュメンタリー映画


    『世界が食べられなくなる日』では、
    自然と未来の世代を尊重し行われる持続可能な農業システムである、
    アグロエコロジーのアフリカ、セネガルでの実践が紹介されます。
    タネが取れないF1種では持続可能な農業システムは作れません。
    “タネ”は命の源で、可能性そのもの。
    “タネ”を受け継ぎ、汚染のない世界を子どもたちに残すために
    私たちが必要としているものは、新しい技術か、
    それとも古来から受け継がれる知識なのか。
    ということが問われます。

    大変興味深いドキュメンタリー映画です目


    第ニ弾アップ
    『よみがえりのレシピ』 2014年2月8日(土)~14日(金)
    日本映画 2011年製作




    ↓予告動画


    監督:渡辺智史

    出演:

    奥田政行

    江頭宏昌

    その地域で古くから栽培されてきた農作物=在来作物を
    テーマにしたドキュメンタリー。何十年、
    何百年という世代を超え、
    その地域で栽培されてきた農作物「在来作物」はその性質ゆえ、
    大量生産、大量消費に適さず、いつしか忘れ去られ、消失していた。
    独自の料理法で在来作物の存在に光を当てた
    山形県の有名イタリアン「アル・ケッチャーノ」の
    奥田政行オーナーシェフや、
    在来作物の存在と意義を見つめなおす「山形在来作物研究会」を
    立ち上げた山形大学農学部・江頭宏昌准教授らの姿を通し、
    食と農業の豊かな関係を探る。
    (映画.COMより)

    こちらも「種」に関する映画です。

    日本食文化が、ユネスコ無形文化遺産に登録申請されています。
    「多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重
    日本の国土は南北に長く、海、山、里と
    表情豊かな自然が広がっているため、
    各地で地域に根差した多様な食材が用いられています。
    また、素材の味わいを活かす調理技術・調理道具が発達しています。」
    と、農林水産省のHPにありました。
    「在来作物」が守られていないのに大丈夫!?
    この映画を観て「在来作物」について考えてみましょう!


    第三弾アップ
    『もったいない!』 2014年2月15日(土)~21日(金)

    原題:Taste the Waste(廃棄物の味)
    ドイツ映画 2010年製作(日本公開2013年9月21日)






    ↓予告動画


    監督・脚本:バレンティン・トゥルン
    製作:アストリッド・ファンデカーコーベ
       バレンティン・トゥルン
    撮影:ロラント・ブライトシュー

    世界的に問題となっている食料廃棄の真実に迫った、
    ドイツ発のドキュメンタリー。
    毎年、世界で生産されるうちの最大約半分にあたる
    20億トンもの食品が食卓に届く前に廃棄されているという現実を踏まえ、
    ヨーロッパや日本をはじめとする世界各地で取材を敢行。
    生産現場や流通・小売過程など、
    食品がたどるさまざまな段階に携わる人々へのインタビューを通し、
    食料廃棄の現状やその原因、影響をあぶり出していく。
    (映画.COMより)

    2011年にシネマイーラで上映された『ありあまるごちそう』も、
    食のグローバル化で見えなくなっている、
    需要と供給のバランスが崩れた世界を追っていましたね。
    本作でも、あふれる食料の影で何が行われているかを追っています。
    映画を観て先進国に住む私たちの生活が、
    どんな世界の上で成り立っているのかを知り、
    何ができるのか考えてみましょう。





    シネマイーラで上映される映画の
    紹介記事がたまってしまっていますヽ(;´ω`)ノ
    宿題やり残している気分なので、
    早く済ませて次に進みたいと思いますf^_^;

    本年度アカデミー賞最有力候補!本当の所
    2014年第86回アカデミー賞作品賞ノミネート予想
    ←クリック

    2014年アカデミー賞作品賞ノミネート予想作品の動画・あらすじ紹介
     その1
    ←クリック

    2014年アカデミー賞作品賞ノミネート予想作品の動画・あらすじ紹介
     その2
    ←クリック


    『かしこい狗は、吠えずに笑う』

    $映画中毒日記『新★映画時光』ブログ版
    25歳衝撃の才能ビックリマーク
    渡部亮平監督応援していますビックリマーク
    ぜひ、お近くの映画館にリクエストして下さいビックリマーク

    フォルツア総曲輪(富山)

    12月21日(土)~27日(金)


    東京 下高井戸シネマ
    12月23日(月)~28日(土)レイトショー上映

    21:10~22:48

    一般1300円 / 大学・専門1100円
    高校生・シニア・火曜日みなさま1000円
    会員900円
    松山 シネマルナティック

    2014年1月3日(金)~10日(金)


    東京 キネカ大森

    2014年1月4日(土)~10日(金)

    ★『箱入り息子の恋』と2本立てビックリマーク



    カチンコ読んで下さってありがとうございましたビックリマークランキングに参加してます映画にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへこれをクリックしてもらえたらうれしいです音譜

    読者登録してね

    0 0

    Merry Christmas о(ж>▽<)y ☆



    こんなスカ子がシャンパン持って来てくれたら最高ですナ(〃∇〃)









    チャック・ノリスからの
    クリスマス・グリーティング動画はこちらを見てね↓




    この動画は話題になっていますので、
    もうご覧になっている方もいらっしゃいますよね。
    Delov Digitalというハンガリーのアニメーション会社が、
    ジャン=クロード・ヴァン・ダムのvolvoトラックCMのパロディで制作

    ヴァン・ダムのCMは前にも紹介しましたがこちら↓


    音楽はエンヤのオンリー・タイム Enya「Only Time」
    VFX使ってないホンモノのアクション。



    ↑これは、チャニン・テイタムのおバカパロディー





    チャニングはダンスの達人ですから、開脚は得意!
    上の動画はオフザケです(´0ノ`*)




    スカーレット・ヨハンソンと服の胸元の位置が微妙な
    ナタリー・ポートマン




    ジェーン・ラッセル、ボブ・ホープ、シャーリー・マクレーン

    私の大好きなクリスマスが出てくる映画↓
    アパートの鍵貸します [DVD]/
    ジャック・レモン,シャーリー・マクレーン,フレッド・マクマレイ


    本年度アカデミー賞最有力候補!本当の所
    2014年第86回アカデミー賞作品賞ノミネート予想
    ←クリック

    2014年アカデミー賞作品賞ノミネート予想作品の動画・あらすじ紹介
     その1
    ←クリック

    2014年アカデミー賞作品賞ノミネート予想作品の動画・あらすじ紹介
     その2
    ←クリック


    『かしこい狗は、吠えずに笑う』

    $映画中毒日記『新★映画時光』ブログ版
    25歳衝撃の才能ビックリマーク
    渡部亮平監督応援していますビックリマーク
    ぜひ、お近くの映画館にリクエストして下さいビックリマーク

    フォルツア総曲輪(富山)

    12月21日(土)~27日(金)


    東京 下高井戸シネマ
    12月23日(月)~28日(土)レイトショー上映

    21:10~22:48

    一般1300円 / 大学・専門1100円
    高校生・シニア・火曜日みなさま1000円
    会員900円
    松山 シネマルナティック

    2014年1月3日(金)~10日(金)


    東京 キネカ大森

    2014年1月4日(土)~10日(金)

    ★『箱入り息子の恋』と2本立てビックリマーク



    カチンコ読んで下さってありがとうございましたビックリマークランキングに参加してます映画にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへこれをクリックしてもらえたらうれしいです音譜

    読者登録してね

    0 0

    『僕が星になるまえに』
    Third Star 2010年製作 イギリス映画
    12月28日(土)~2014年1月10日(金)

    $映画中毒日記『新★映画時光』ブログ版


    $映画中毒日記『新★映画時光』ブログ版


    $映画中毒日記『新★映画時光』ブログ版


    ↓予告動画はこちら


    監督:ハッティ・ダルトン

    出演:ベネディクト・カンバーバッチ  ジェームズ
        J・J・フィールド       マイルズ
        トム・バーク         デイビー
        アダム・ロバートソン     ビル

    TVシリーズ「SHERLOCK シャーロック」でブレイクし、
    「スター・トレック イントゥ・ダークネス」などにも出演する
    英俳優ベネディクト・カンバーバッチが、
    末期ガンに冒された青年役で映画初主演を果たしたドラマ。
    末期ガンのため死が近づく青年ジェームズは、
    3人の親友に「世界で一番好きな場所」に連れて行ってほしいと頼む。
    親友たちは、体の自由が利かなくなってしまった
    ジェームズをカートに乗せて旅立ち、
    やがて目的地にたどり着いたジェームズは、人生で最後のある決断を下す。
    (映画.COM)

    早いもので今年もあと6日となりました。
    今週末12月28日(土)から上映される作品が、
    今年の締めの公開作品になります。
    カンバーバッチ人気で未公開だった
    主演作品が公開されることになりました。
    シネマイーラにも登場で、
    この作品がイーラで今年公開される最後の作品になります。
    年末忙しくて観られなくても大丈夫ですよ、
    1月10日まで上映していますので、
    お正月にゆっくりご覧くださいね目

    その他の上映作品

    『楽隊のうさぎ』

    『四十九日のレシピ』(1月10日まで)


    本年度アカデミー賞最有力候補!本当の所
    2014年第86回アカデミー賞作品賞ノミネート予想
    ←クリック

    2014年アカデミー賞作品賞ノミネート予想作品の動画・あらすじ紹介
     その1
    ←クリック

    2014年アカデミー賞作品賞ノミネート予想作品の動画・あらすじ紹介
     その2
    ←クリック


    『かしこい狗は、吠えずに笑う』

    $映画中毒日記『新★映画時光』ブログ版
    25歳衝撃の才能ビックリマーク
    渡部亮平監督応援していますビックリマーク
    ぜひ、お近くの映画館にリクエストして下さいビックリマーク

    フォルツア総曲輪(富山)

    12月21日(土)~27日(金)


    東京 下高井戸シネマ
    12月23日(月)~28日(土)レイトショー上映

    21:10~22:48

    一般1300円 / 大学・専門1100円
    高校生・シニア・火曜日みなさま1000円
    会員900円
    松山 シネマルナティック

    2014年1月3日(金)~10日(金)


    東京 キネカ大森

    2014年1月4日(土)~10日(金)

    ★『箱入り息子の恋』と2本立てビックリマーク



    カチンコ読んで下さってありがとうございましたビックリマークランキングに参加してます映画にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへこれをクリックしてもらえたらうれしいです音譜

    読者登録してね

    0 0



    スピルバーグ、エイゼンシュテイン、
    ウディ、キューブリック、スコセッシ、トリアー他
    名匠・個性派監督がもしも、クリスマス短編映画をとったなら...
    というとても愉快なパロディ動画を、
    時期を逸して紹介する記事デスσ(^_^;)


    これから順番に並べる監督たちが
    もしもクリスマスの朝の様子のショートムービーを撮ったら...
    という、とても愉快なパロディ動画を、
    クリスマスに紹介しようと準備したのにUPしそびれ(;´▽`A``
    今頃なんなのですが、
    これがなかなか愉快で笑えるので、
    ぜひご覧ください。
    それぞれ個性のある映画監督の作風をご存知の映画ファンは、
    特に面白いと思います。
    作ったのはFourgrounds(フォーグラウンズ)という、
    カナダのビデオ制作会社です。
    登場する監督たちの新作トレーラーも紹介します。

    1.スティーヴン・スピルバーグ
      インディー・ジョーンズ5の公開はいつになることでしょう...



    2.セルゲイ・エイゼンシュテイン
      写真はこの記事のトップです。

    3.ウェス・アンダーソン



    The Grand Budapest Hotel (ザ・グランド・ブタペスト・ホテル 2014年公開)
    レイフ·ファインズ、シアーシャ・ローナン、レア・セドゥ、
    エドワード·ノートン、ジュード·ロウ、ビル·マーレー
    ティルダ·スウィントン、オーウェン·ウィルソン、ウィレム·デフォー
    ジェイソン·シュワルツマン、エイドリアン·ブロディ、ジェフ·ゴールドブラム 他



    4.ウディ・アレン


    ペネロペ・クルスとウディ・アレン


    主演のケイト・ブランシェットが、
    アカデミー賞主演女優賞受賞当確な『ブルー・ジャスミン』
    アレック・ボールドウィン、ルイス・C・K、ボビー・カナベイル
    アンドリュー・ダイス・クレイ、サリー・ホーキンス
    ピーター・サースガード、マイケル・スタールバーグ
    タミー・ブランチャード、マックス・カセラ
    オールデン・エアエンライク 他

    ↓トレーラー


    5.ラース・フォン・トリアー



    『Nymphomaniac』(ニンフォマニア)は、
    本番撮影ではなく下半身はその道の
    プロの物と合成したので完成に時間がかかったとのこと。
    (本番は大島渚監督が30年以上前にやっていますよねェ)
    シャルロット·ゲンズブール、ステラン・スカルスガルド、
    シャイア·ラブーフ、クリスチャン·スレーター、
    ジェイミー·ベル、ユマ·サーマン、ウィレム·デフォー
    ジャン=マルク·バール、ウド·キアー 他

    このトレーラーはR18です。



    6.マーティン・スコセッシ



    アカデミー賞作品賞にノミネート当確な
    『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2014年1月31日日本公開)
    レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル
    マーゴット・ロビー、マシュー・マコノヒー
    ジョン・ファブロー、カイル・チャンドラー
    ロブ・ライナー、ジャン・デュジャルダン 他

    ↓予告動画


    7.マイケル・ムーア



    8.スタンリー・キューブリック



    9.ヴェルナー・ヘルツォーク



    新作は2015年公開の「Queen of the Desert クィーン・オブ・ザ・デザート」
    イラク建国に関わったイギリスの女性情報員・考古学者・登山家の
    ガートルード・ベルを描く作品。
    ガートルード・ベルには当初ナオミ・ワッツがキャスティングされましたが、
    ナオミの友人のニコール・キッドマンと代わりました。
    「アラビアのロレンス」ことT・E・ロレンスは
    ロバート·パティンソンが演じます。
    ジェームズ・フランコも出演するかも。

    10.バズ・ラーマン



    という順番でこの映画監督が撮ったらこんなんじゃない!?
    っていう愉快な映像をお楽しみください。



    本年度アカデミー賞最有力候補!本当の所
    2014年第86回アカデミー賞作品賞ノミネート予想
    ←クリック

    2014年アカデミー賞作品賞ノミネート予想作品の動画・あらすじ紹介
     その1
    ←クリック

    2014年アカデミー賞作品賞ノミネート予想作品の動画・あらすじ紹介
     その2
    ←クリック


    『かしこい狗は、吠えずに笑う』

    $映画中毒日記『新★映画時光』ブログ版
    25歳衝撃の才能ビックリマーク
    渡部亮平監督応援していますビックリマーク
    ぜひ、お近くの映画館にリクエストして下さいビックリマーク

    フォルツア総曲輪(富山)

    12月21日(土)~27日(金)


    東京 下高井戸シネマ
    12月23日(月)~28日(土)レイトショー上映

    21:10~22:48

    一般1300円 / 大学・専門1100円
    高校生・シニア・火曜日みなさま1000円
    会員900円
    松山 シネマルナティック

    2014年1月3日(金)~10日(金)


    東京 キネカ大森

    2014年1月4日(土)~10日(金)

    ★『箱入り息子の恋』と2本立てビックリマーク



    カチンコ読んで下さってありがとうございましたビックリマークランキングに参加してます映画にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへこれをクリックしてもらえたらうれしいです音譜

    読者登録してね

    0 0

    カスペルスキーの2014年版が発売。全ての機能を使える30日間無料版を体験!

    0 0

    ねこ 岩合光昭写真展 ギャラリートーク





    私はネコ好きです。
    犬も好きだけど、
    ネコ派です。
    今、浜松の遠鉄百貨店で行われている「ねこ 岩合光昭写真展」で、
    26日に岩合光昭さんのギャラリートークがあり、
    行って来ました
    まず、数々の素敵なネコ写真を見て、
    頬が緩んでしまいました。
    そして、ギャラリートークでは、
    岩合さんがその中の何点かの作品の撮影時の様子などを
    お話し下さいました。

    岩合さんは以前は、はいつくばって猫の写真を撮っていると、
    不審な目で観られたこともあったそうですが、
    NHKBSの「岩合光昭の世界ネコ歩き」も人気で、
    今では「ネコの写真撮っているのでしょ?」と、
    声をかけられるようになったそうです。
    岩合さんの暖かい人柄は写真に出ているなあとつくづく感じました。

    Digital Iwago ←岩合さんが世界中で撮った動物の写真が見られます。

    ねこ/岩合光昭

    ねこ歩き/岩合光昭

    ネコライオン/岩合光昭

    ネコと歩けば/岩合 光昭

    岩合光昭×ねこ旅/岩合 光昭

    ネコに金星 (新潮文庫)/岩合 光昭

    ちょっとネコぼけ/岩合 光昭

    そっとネコぼけ/岩合 光昭

    ニッポンの猫 (新潮文庫)/岩合 光昭

    海ちゃん―ある猫の物語 (新潮文庫)/岩合 光昭

    ハートのしっぽ/岩合 光昭


    只今、東京:ヒューマントラストシネマ渋谷、
    名古屋シネマテーク(大阪:テアトル梅田1/4~)で
    ロマン・カチャーノフ監督の『ミトン+こねこのミーシャ』公開中。





    ↓予告動画


    「チェブラーシカ」で知られるロマン・カチャーノフ監督が、1967年に手がけた心温まる短編人形アニメーション。ひとりぼっちの女の子アーニャは、子犬が欲しいけれどお母さんが飼うことを許してくれない。ある雪の日、手編みの真っ赤なミトンの手袋を子犬に見立てて遊んでいると、手袋が本物の子犬になり、アーニャは楽しい1日を過ごす。2003年、カチャーノフ監督の「レター」「ママ」との3本立て上映で日本初公開が実現。カチャーノフ監督没後20年となった13年には、「ミトン+こねこのミーシャ」と題し、「こねこのミーシャ」「迷子のブヌーチカ」「レター」とあわせて公開。

    『チェブラーシカ』は日本でリメイク作品が作られるほど、
    人気のキャラクターになりましたね。
    ↓オリジナル
    チェブラーシカ [DVD]/
    エドゥアルド・ウスペンスキー,ロマン・カチャーノフ

    ↓2010年製作のリメイク版
    劇場版チェブラーシカ [DVD]/
    大橋のぞみ,北乃きい,土田 大


    私は『チェブラーシカ』(オリジナル)も、
    『ミトン』『ママ』『レター』も劇場公開時に映画館で観ていますが、
    DVDも持っています。
    『ミトン』はこれを持っています↓
    ミトン なかよしBOX [DVD]


    私はロシアアニメ、チェコアニメなども好きで、
    以前は特集上映や美術展にも良く行きました。
    昨年は、
    山村浩二監督の『マイブリッジの糸』と
    カナダアニメの特集上映に行きましたが、
    今年は遠征自粛中のためこの手の映画には行けていません。
    今回『ミトン』と同時上映の『こねこのミーシャ』『迷子のブヌーチカ』
    は観ていないので、劇場で観たかったです。
    で、実は色々勘考してロシアに観に行ってきました!
    というのはウソですが、
    ネットで動画を探して見てみました。
    とても可愛らしかったデス。
    これ、DVDが出たら買います。
    ストップモーション・アニメも進化し続けていますが、
    こういう古典は手作りの味わいがとても暖かくて大好きです。

    話は写真に戻りますが、
    私の娘(高3)は高校で写真部でした。
    運動部は全国大会はインターハイがありますが、
    文化部は高文祭(全国高等学校総合文化祭)があって、
    文化部のインターハイとも呼ばれています。
    今年は「第37回全国高等学校総合文化祭 2013長崎しおかぜ総文祭」が、
    8月に長崎で行われ、
    娘は静岡県代表の1人に選ばれたので参加してきました。
    彼女は動物の写真を撮るのが好きです。
    県代表でに選ばれた作品はこちら↓



    娘はネコの写真を撮るのも好きで、
    今年のフェリシモの「まいにちにゃんこ2013」日めくりに、
    採用されたのがこちら↓



    私がツィッターなどのアイコンに使っているのも、
    彼女のネコ写真↓


    これもネコ写真かな?(Photo by娘)


    黄昏ている百獣の王者氏
      


    思いっきりカメラ目線!?


    こんなのも面白いかなあと...


    ちなみに私は人物の写真を撮るのが好きです。

    本年度アカデミー賞最有力候補!本当の所
    2014年第86回アカデミー賞作品賞ノミネート予想
    ←クリック

    2014年アカデミー賞作品賞ノミネート予想作品の動画・あらすじ紹介
     その1
    ←クリック

    2014年アカデミー賞作品賞ノミネート予想作品の動画・あらすじ紹介
     その2
    ←クリック


    『かしこい狗は、吠えずに笑う』

    $映画中毒日記『新★映画時光』ブログ版
    25歳衝撃の才能ビックリマーク
    渡部亮平監督応援していますビックリマーク
    ぜひ、お近くの映画館にリクエストして下さいビックリマーク

    フォルツア総曲輪(富山)

    12月21日(土)~27日(金)


    東京 下高井戸シネマ
    12月23日(月)~28日(土)レイトショー上映

    21:10~22:48

    一般1300円 / 大学・専門1100円
    高校生・シニア・火曜日みなさま1000円
    会員900円
    松山 シネマルナティック

    2014年1月3日(金)~10日(金)


    東京 キネカ大森

    2014年1月4日(土)~10日(金)

    ★『箱入り息子の恋』と2本立てビックリマーク



    カチンコ読んで下さってありがとうございましたビックリマークランキングに参加してます映画にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへこれをクリックしてもらえたらうれしいです音譜

    読者登録してね

    0 0

    Dhoom 3
    ドゥーム3
    インド映画
    2013年製作 日本公開未定

    全米週末ボックスオフィス初登場9位!


    ミッション:インポッシブル3ライクな!?
    ロゴデザインもご愛嬌(^^ゞ
    トムちんには全く負けていませんよ!








    セクシーなカトリーナは身長180cm!




    マジックマイク目じゃないお兄さんたちのダンス(笑)
    動画も見てネ





    監督:ヴィジャイ・クリシュナ・アーチャーリヤ

    出演:

    アーミル・カーン

    カトリーナ・カイフ

    アビシェーク・バッチャン

    ウダイ・チョープラー

    ジャッキー・シュロフ

    ↓トレーラー 1,576万回以上の再生回数(ノ゚ο゚)ノ


    ↓ボディー・アートも気合入っています


    ↓サーカス・シーンのメイキング


    ↓こうなりました!超豪華!!



    みんな大好きな
    『きっと、うまくいく』
    きっと、うまくいく [DVD]/
    アーミル・カーン,カリーナ・カプール,R・マーダヴァン

    『スタンリーのお弁当箱』
    スタンリーのお弁当箱 [DVD]/
    パルソー,デイヴィヤ・ダッタ,ラジェンドラナート・ズーチー

    は、私も劇場鑑賞しましたが、
    感想ブログは書いていないし...
    『マッキ―』は年明けにならないと観られません。
    しかし、得意の!?紹介記事です。

    Dhoomはバイクの爆音です。
    この映画「3」なので、
    「Dhoom」(2004)「Dhoom2」(2006)がありました。
    この「Dhoom2」がボリウッドで
    ヒット作品の続編を作るブームの先駆けだったそうです。
    「Dhoom2」も大ヒットしたので今度は大スター、
    ミスター・パーフェクトのアーミル・カーンが登場です。
    ストーリーの始まりはシカゴ。
    バイクを使った大銀行の金庫破りが続き、
    銀行の依頼でこのバイク犯罪に詳しいムンバイ警察の
    アビシェークとウダイがシカゴに呼ばれます。
    情報提供の呼びかけに、
    サーカスを経営するアーミルが名乗り出ます...

    これ、トレーラー見てもらえば分かりますが、
    ハリウッド映画が太刀打ちできないようなアクション大作ですよ。
    しかも、アーミルが主演しているのでドラマ性も期待できそう。
    日本公開して欲しいなァ。
    映画館の大画面でぜひ観てみたいデス!!


    アビシェーク、カトリーナ、監督、アーミル、ウダイ


    私はインド映画も大好きで、
    今年観たインド映画の感想ブログも
    書こうと画像も準備したのですが、
    ついはまってしまうのが、動画検索。
    インド映画はフルムービーもたくさんあって、
    英語字幕があれば何とか見られるので、
    ついついいろいろ観てハマってしまい、
    インドから帰ってこられなくなります(^^ゞ

    『きっと、うまくいく』が記録を塗り替える前の、
    インド歴代興収ナンバーワン映画は、
    アーミル・カーン主演の『Ghajini』



    ↓トレーラー


    ↑このトレーラーを見ると『メメント』+『オールド・ボーイ』
    みたいなへヴィーな内容のアクション映画になっているのかなあ?
    と思えてしまいましたが、
    これはやはり『メメント』を元にした2005年のタミル語映画の、
    ヒンディー語映画によるリメイクでした。
    (州によって言語の異なるインドでは、各言語圏毎に映画が制作され、それぞれスターを輩出している。スターによっては複数の言語を操ったり、別の人物によるセリフ吹き替えをしたりなどして他言語の映画に出演する俳優もいる。また、例えばタミル映画でヒットした作品を同じ脚本のまま出演者だけをヒンディー映画界の俳優に変え、リメイク作品として公開されることもある。ウィキより)
    日本で人気の高いラジニカーントはタミル語映画の俳優です。
    アーミル・カーン、サルマン・カーン、シャー・ルク・カーン、
    プリヤンカー・チョープラー、カリーナ・カプールなどは、
    ヒンディー語の俳優です。
    『Ghajini』はタミル語映画でヒットしたので、
    ヒンディー語映画の大スター・アーミル主演でリメイクされました。
    ヒロインのアシンは両方の作品でヒロインを務めています。
    これでヒンディー映画界でも一躍スターになりました。

    本編を見てみたら、
    歴代興収ナンバー1作品だったのが頷ける、
    15分しか記憶が持たない男の復讐劇が、
    緻密に作り込まれ、とても見応えのあるエンタメ作品でした。
    しかも、歌もダンスもカッコイイのですョ~これが(o^-')b
    アーミルのマッスル肉体美もスゴすぎます(ノ゚ο゚)ノ
    これ、今年あった「ボリウッド4」の企画に入れて欲しかったなあ。
    そうそう、『Dhoom 3』のヒロイン、カトリーナ・カイフは、
    「ボリウッド4」の映画を観た方にはおなじみになっていると思います。
    いま、もっともセクシーなボリウッド女優じゃないでしょうか。
    サルマン・カーン主演の『タイガー 伝説のスパイ』
    タイガー 伝説のスパイ [DVD]/
    サルマーン・カーン,カトリーナ・カイフ



    シャー・ルク・カーン主演の『命ある限り』
    命ある限り [DVD]/シャー・ルク・・カーン,カトリーナ・カイフ,アヌシュカ・シャルマ



    でも、ヒロインでした。
    このシリーズ買い付けた配給の人、もしかしてカトリーナファン?

    ボリウッド・スーパースターのカーン3人衆!?
    アーミル・カーン、サルマン・カーン、シャー・ルク・カーンは、
    なぜか全員1965年生まれで、
    私と同年なので何だか親しみ持てるのですよネ。

    アーミルの新作を紹介したので、
    サルマン・カーンとシャー・ルク・カーンの
    新作映画もご紹介しておきますね。
    先ずは、サルマン・カーンの「Jai Ho」
    これは1月24日にインドで公開される新作映画です。





    サルマンは10年近く三叉神経痛を患っていますが、
    いつもそんなことを感じさせない活躍ぶりです。
    ↓この『Partner パートナー』(2007年)は、
    サルマンが恋愛伝道師(グル)を演じる、
    コメディーで、とても面白かったデス。
    去年はままつ映画祭で上映されたので観ました。
    カトリーナ・カイフも出てるんです。ピチピチでした(笑)







    シャー・ルク・カーンの今年9月にインドで公開された作品
    「Chennai Express チェンナイ・エクスプレス」
    これはボリウッド映画では大変珍しい南インドが舞台の
    コメディ映画。




    浜松には本格インド料理、ネパール料理、パキスタン料理の店が
    結構ありまして。
    これが郊外の店など特にランチはとても安いので、
    時々食べに行きます。

    とても珍しいネパール映画
    『道端の花』←私のレビューへどうぞ!



    『きっと、うまくいく』で一番左のファルハーン・クレイシー役だった、
    マダヴァンは、7つの言語が話せるインドでも珍しい汎インド俳優です。
    彼はカナダに留学していて英語も堪能。
    2014年年10月にアメリカで公開の
    「Night of the Living Dead: Origins 3D」に出演しています。
    (ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド:オリジンズ 3D)

    それから、チャトル・ラーマリンガム(サイレンサー)役の
    オーミー・ヴェイドヤーはインド系アメリカ人で、
    たまたまインドへ行った時にオーディションでサイレンサー役が決まり、
    ヒンディー語ができないのはウガンダ生まれの設定になっていたけど、
    本人がアメリカ人でヒンディー語が本当に分からなかったそうです。
    彼はディズニー・チャンネルにも出ていたんですよ。




    うーむ、「Dhoom 3」を紹介するつもりがこんなに長くなってしまった(^^ゞ
    ついでに「Dhoom」シリーズを。これそれぞれスゴイですよ!



    ↓「Dhoom」トレーラー




    ↓「Dhoom2」トレーラー


    本年度アカデミー賞最有力候補!本当の所
    2014年第86回アカデミー賞作品賞ノミネート予想
    ←クリック

    2014年アカデミー賞作品賞ノミネート予想作品の動画・あらすじ紹介
     その1
    ←クリック

    2014年アカデミー賞作品賞ノミネート予想作品の動画・あらすじ紹介
     その2
    ←クリック


    『かしこい狗は、吠えずに笑う』

    $映画中毒日記『新★映画時光』ブログ版
    25歳衝撃の才能ビックリマーク
    渡部亮平監督応援していますビックリマーク
    ぜひ、お近くの映画館にリクエストして下さいビックリマーク

    フォルツア総曲輪(富山)

    松山 シネマルナティック

    2014年1月3日(金)~10日(金)


    東京 キネカ大森

    2014年1月4日(土)~10日(金)

    ★『箱入り息子の恋』と2本立てビックリマーク




    カチンコ読んで下さってありがとうございましたビックリマークランキングに参加してます映画にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへこれをクリックしてもらえたらうれしいです音譜

    読者登録してね

    0 0

    『偽りの人生』
    TODOS TENEMOS UN PLAN


    $映画中毒日記『新★映画時光』ブログ版


    $映画中毒日記『新★映画時光』ブログ版


    $映画中毒日記『新★映画時光』ブログ版


    $映画中毒日記『新★映画時光』ブログ版


    $映画中毒日記『新★映画時光』ブログ版



    ↓予告動画はこちら


    監督・脚本:アナ・ピーターバーグ

    製作:ヘラルド・エレーロ
       ヴィゴ・モーテンセン
       マリエラ・ベスイエフスキー
       バネッサ・ラゴーネ

    出演:ヴィゴ・モーテンセン
       ソレダ・ビジャミル
       ダニエル・ファネゴ
       ハビエル・ゴディーノ
       ソフィア・ガラ・カスティリオーネ

    製作国:アルゼンチン=スペイン=独

    ヴィゴ・モーテンセンが一卵性双生児を1人2役で演じたサスペンスドラマ。
    アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで医師として裕福な暮らしを送りながらも、
    生きることに重圧とむなしさを感じていたアグスティン。
    そんな彼のもとに、ある時、
    長らく離れていた一卵性双生児の兄ペドロがやってくる。
    末期ガンに侵されていたペドロは、
    アグスティンに自分を殺してくれと懇願。
    最初は困惑したアグスティンだったが、
    ふとしたきっかけでペドロを殺害してしまう。
    そのことが人生をやり直す機会になると考えたアグスティンは、
    ペドロになりすましてブエノスアイレスから姿を消し、
    故郷のティグレを訪れるが、そこで兄がかかわっていた犯罪に巻き込まれていく。
    第82回アカデミー外国語映画賞を受賞したアルゼンチン映画「瞳の奥の秘密」(2009)
    のプロデューサー陣が製作、同作のヒロインを演じたソレダ・ビジャミルも出演。
    (映画.comより)


    もう、今年も押し詰まっているのにはァ!?10月?
    ナンですけど、10、11、12月のまとめがしていないので、
    やっておかないと今年のまとめもできないなあということで...スミマセン。

    この映画の感想ブログは書いていませんが、
    近いうちにヴィゴ特集(*゚ー゚*)で書きたいと思います。
    ヴィゴファンだからというだけでなく、
    この映画の持っている独特の雰囲気にハマりました。
    人生をやり直したい衝動、
    それも、築き上げた立派な人生から逃れたい、
    出自に逆らえない破滅的な衝動、
    それが迎える悲劇とその先にあったものまでを静かに描いていて、
    私はグッときた映画です。
    アルゼンチンのティグレという貧しいデルタ地帯の
    独特な地域性が、舞台としてとても良く活かされていました。
    ちょっとエラそうで申し訳ないですが、
    映画初心者の方や、主観強めで鑑賞される方には、
    特におススメはしない作品です。
    偽りの人生 [DVD]/
    ヴィゴ・モーテンセン,ソレダ・ビジャミル,ダニエル・ファネゴ


    10月のまとめです。
    ピンク字はリンクありで記事に行けますのでお読みくださいね。

    ★★★★★大満足ヾ(@°▽°@)ノ
    ★★★★ 良かった(o^-')b
    ★★★ 普通(^~^)
    ★★ いまいちだった( °д°)
     つまらなかった(-"-;



    ★★★★★大満足ヾ(@°▽°@)ノ

    『八月の鯨』←クリック

    『カッコーの巣の上で』←クリック

    *『クロニクル』

    *『ニューヨーク、恋人たちの2日間』

    *『偽りの人生』

    *『台湾アイデンティティー』


    ★★★★ 良かった(o^-')b

    『シャニダールの花』←クリック

    『パッション』←クリック

    『トランス』←クリック

    『おしん』←クリック

    『百年の時計』←クリック

    *『スタンリーのお弁当箱』

    *『イノセントガーデン』

    *『ランナウェイ/逃亡者』

    *『欲望のバージニア』

    *『黒いスーツを着た男』

    *『マジック・マイク』


    ★★★ 普通(^~^)

    『日本の悲劇』←クリック

    『人類資金』←クリック

    *『リオ・ブラボー』

    *『31年目の夫婦げんか』

    *『トゥ・ザ・ワンダー』

    *『ダイアナ』

    *『グランド・イリュージョン』


    以上、10月に鑑賞したのは24本でした。
    相変わらず感想ブログがあまり書けていません...(-"-;A


    本年度アカデミー賞最有力候補!本当の所
    2014年第86回アカデミー賞作品賞ノミネート予想
    ←クリック

    2014年アカデミー賞作品賞ノミネート予想作品の動画・あらすじ紹介
     その1
    ←クリック

    2014年アカデミー賞作品賞ノミネート予想作品の動画・あらすじ紹介
     その2
    ←クリック


    『かしこい狗は、吠えずに笑う』

    $映画中毒日記『新★映画時光』ブログ版
    25歳衝撃の才能ビックリマーク
    渡部亮平監督応援していますビックリマーク
    ぜひ、お近くの映画館にリクエストして下さいビックリマーク

    フォルツア総曲輪(富山)


    松山 シネマルナティック

    2014年1月3日(金)~10日(金)


    東京 キネカ大森

    2014年1月4日(土)~10日(金)

    ★『箱入り息子の恋』と2本立てビックリマーク



    カチンコ読んで下さってありがとうございましたビックリマークランキングに参加してます映画にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへこれをクリックしてもらえたらうれしいです音譜

    読者登録してね

    0 0

    『ペコロスの母に会いに行く』

    $映画中毒日記『新★映画時光』ブログ版


    $映画中毒日記『新★映画時光』ブログ版


    ↓予告動画


    監督:森崎東

    出演:岩松了
        赤木春恵
        原田貴和子
        加瀬亮
        竹中直人
        大和田健介
        松本若菜
        原田知世
        宇崎竜童
        温水洋一
        穂積隆信
        渋谷天外
        春風ひとみ
        根岸季衣
        長澤奈央
        大門正明
        佐々木すみ江
        正司照枝
        島かおり
        今井ゆうぞう
        長内美那子
        志茂田景樹

    「喜劇・女は度胸」「男はつらいよ フーテンの寅」
    などで知られる名匠・森崎東監督が、
    「ニワトリはハダシだ」(2003)以来10年ぶりに発表した監督作。
    62歳で漫画家デビューを果たした岡野雄一の介護日誌コミック
    「ペコロスの母に会いに行く」「ペコロスの玉手箱」を原作に、
    離婚して子連れで故郷の長崎に戻った主人公ゆういちと、
    85歳になりグループホームで暮らす認知症の母みつえの
    心温まる日常を描く。
    ゆういち役で岩松了が主演、母みつえ役に赤木春恵。
    そのほかのキャストに加瀬亮、竹中直人、大和田健介ら。
    原田知世と原田貴和子が約20年ぶりに姉妹共演も果たしている。
    (映画.COM)


    はい、前回に続きやっていなかったシリーズで、
    11月に観た映画のまとめです。
    私は映画を観る時、
    「泣きたい」「癒されたい」と思ったことはないです。
    「レミゼで泣く」と言われても...困るなァ(^_^;)
    泣けませんでしたョ(;^_^A
    ...って感じです。
    でも、たまには涙腺緩んで涙がこぼれることもあります。
    11月は珍しく3本も涙がこぼれた映画がありました。
    『ペコロスの母に会いに行く』
    『かぐや姫の物語』
    『ゴンザーガ~父から子へ~』

    一番涙量(笑)!?が多かったのは『ゴンザーガ~父から子へ~』
    これはブラジル映画祭で見た作品です。
    ブラジル音楽「バイアォンの王」父ルイス・ゴンザーガと
    人気サンバミュージシャンになった息子ゴンザギーニャの物語です。

    ブラジル映画祭で観た4本のうち、
    感想記事を書いていないのがこれだけ。
    画像も準備してあるので書きたいです。
    ブラジル映画祭に行くと周りの人は皆ポルトガル語を話していて、
    ここはどこ?みたいな雰囲気なのです。
    でも、映画観る時の観客のリアクションがとてもイイです。
    ウケたり(o^-')b 泣いたり(゚ーÅ) 笑ったり(^∇^)
    その雰囲気がまた楽しかったりします(‐^▽^‐)
    私はラテン系の映画も大好きなのですが、
    この雰囲気の中で観る味わいがたまらなくて
    毎年ブラジル映画祭を楽しみにしています(^-^)/

    『ペコロスの母に会いに行く』は、
    私が今年力を入れて上映会に通った、
    木下惠介監督の作品に通じる松竹映画の香りがしてホロッときました。
    (松竹出身の森崎東監督の暖かい眼差しの人間描写が良かったデス)
    私が観に行った時、小学低学年の女の子が声をあげて泣いていましたョ。
    映画を観て滅多に涙を流すことのないうちのクールな娘も、
    涙ぐんでしまったと言いました。
    小学生女子から女子高生、大人まで、
    世代を超えて人の心の琴線に触れる映画なのだと思います。
    『かぐや姫の物語』もその何年に一度しか涙流さない娘が、
    涙ぐんだという作品。
    (娘もここ5年くらい年間200本以上鑑賞しています。
    彼女がこの前泣いていたのは中3の時の『ブルーバレンタイン』)
    『かぐや姫の物語』は私も泣けました。
    絵が素晴らしかったし、
    高畑監督の入魂の作品オーラにやられましたョf^_^;

    10月のまとめです。
    ピンク字はリンクありで記事に行けますのでお読みくださいね。

    ★★★★★大満足ヾ(@°▽°@)ノ
    ★★★★ 良かった(o^-')b
    ★★★ 普通(^~^)
    ★★ いまいちだった( °д°)
     つまらなかった(-"-;



    ★★★★★大満足ヾ(@°▽°@)ノ

    キャプテン・フィリップス←クリック

    *ペコロスの母に会いに行く

    *かぐや姫の物語

    *ゴンザーガ~父から子へ~

    *大統領の料理人

    *花咲く港(木下惠介監督作品)


    ★★★★ 良かった(o^-')b

    サントス~美しきブラジリアンサッカー~←クリック

    ハウル・セイシャス~終わりなきメタモルフォーゼ~←クリック

    悪の法則←クリック

    共喰い←クリック

    ベニシアさんの四季の庭←クリック

    甘い鞭←クリック

    *クロワッサンで朝食を

    *三姉妹~雲南の子~

    *夢と狂気の王国

    *オン・ザ・ロード

    *飛べ!ダコタ

    *フォレスト・ガンプ/一期一会


    ★★★ 普通(^~^)

    時折  グラミーニャの日系家族←クリック

    マラヴィータ←クリック

    ジ・エクストリーム・スキヤキ←クリック

    渡されたバトン~さよなら原発~←クリック

    *キャリー

    *スティーブ・ジョブズ

    以上、11月に鑑賞したのは24本でした。
    感想ブログはこの月もまだ半分いってないですネ...(´д`lll)

    今日は12月31日大晦日。
    みなさんはもう新年を迎える準備はお済ですか?
    実はまだ今日は記事のUPをもくろんでいまして、
    本年の終りのご挨拶はまた後程...

    本年度アカデミー賞最有力候補!本当の所
    2014年第86回アカデミー賞作品賞ノミネート予想
    ←クリック

    2014年アカデミー賞作品賞ノミネート予想作品の動画・あらすじ紹介
     その1
    ←クリック

    2014年アカデミー賞作品賞ノミネート予想作品の動画・あらすじ紹介
     その2
    ←クリック


    『かしこい狗は、吠えずに笑う』

    $映画中毒日記『新★映画時光』ブログ版
    25歳衝撃の才能ビックリマーク
    渡部亮平監督応援していますビックリマーク
    ぜひ、お近くの映画館にリクエストして下さいビックリマーク

    フォルツア総曲輪(富山)


    松山 シネマルナティック

    2014年1月3日(金)~10日(金)


    東京 キネカ大森

    2014年1月4日(土)~10日(金)

    ★『箱入り息子の恋』と2本立てビックリマーク



    カチンコ読んで下さってありがとうございましたビックリマークランキングに参加してます映画にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへこれをクリックしてもらえたらうれしいです音譜

    読者登録してね

    0 0

    2013年の映画を短時間で振り返るマッシュ・アップ動画を集めました



    今年公開された映画の動画を繋いだマッシュ・アップ(mashup)動画
    YouTubenにも色々な作者がUPしています。
    再生回数が多い人気の高いものはやはり上手いなあと感心します。
    ココには私がいいなあと思ったものをご紹介しますが、
    まだ色々な作品がありますから、
    好みのモノを探してみるのも楽しいと思いますよニコニコ
    ただまだ日本未公開の作品も多いので、後で2012年のモノも紹介します。









    ↓この下の2013 Salute to Cinemaの部分クリックでも素敵な作品が見られます。

    2013 Salute to Cinema from Ben Zuk on Vimeo.

    ↑この人の作品は各映画の作品名付です。

    上の動画をご覧になってみるとお分かりですが、
    これからアカデミー賞絡みで公開される作品も多いです。

    そこで日本では公開が海外より半年以上遅れることが多いため、
    2012年版を貼っておきますね。
    昨年公開になった作品と今年公開になった作品、
    あるいは未公開の作品になります。






    みなさんは大晦日の夜をどうお過ごしでしょうか。
    私はこの記事をUPしたら年越しそばを作ります。
    最後にこの新年へのカウントダウン・マッシュアップ・ムービーのご紹介。
    こちらは動画が終わった後に使用した作品が表示されますョ。
    New Year's Eve Countdown - Movie Mashup



    乾杯が似合う男ってやはりレオナルド・ディカプリオなのでしょうか?
    上の2013年のマッシュアップ動画にも登場の
    バズ・ラーマン監督『華麗なるギャツビー』でも、
    1月31日(金)公開のマーティン・スコセッシ監督
    『ウルフ・オブ・ウォールストリート』でも、乾杯してますョ
    (この作品はアカデミー賞作品賞にノミネート有力です。
    レオはまた主演男優賞はガン無視される模様です...)


    私は『華麗なるギャツビー』は豪華絢爛で映画を観たな~
    という満足感が得られて良かったデスニコニコ





    レオもいつものように頑張っていると思いますが、
    ジョナ・ヒルとマシュー・マコノヒーの助演に注目してみましょう。



    動画が一杯で重い記事になってすみません。
    マッシュアップ動画は楽しいのでお正月休み中など、
    時間がある時にご覧くださいね目
    今年1年私のだらだら長くあっちこっち脱線するブログに、
    お付き合い戴きましてどうもありがとうございました。
    コメントやぺた、いいね!を下さった皆様、
    本当にありがとうございました。
    この所、ぺたのお返しができなくて申し訳ございません。

    来年も映画の面白い話題をご紹介していきたいデス。
    観た映画の感想ブログももっと書いて、
    少しでも信頼されるブロガーになれるようにしたいです。
    ちなみに今年私は231本を劇場鑑賞しました。
    (延べでは239本でした。)
    今年は娘の大学受験に向け、
    遠征を我慢して鑑賞本数を減らすのが課題でした。
    遠征しなかったので鑑賞本数は50本程減りました。
    たくさん観ている方かもしれませんが、
    500本以上劇場鑑賞してみえるブロガーさんもみえますから、
    たいしたことはない気もします。
    ベストテンなどは新年に書きたいと思います。

    来年も映画が楽しめる世の中であって欲しいと心から願っています。

    私はレオの乾杯より、
    ジェームズ・フランコドキドキのお誘いの方がいいなァ(#⌒∇⌒#)ゞ

    それでは皆様良い年をお迎えくださいクラッカー

    それではまた明日~ベル




    本年度アカデミー賞最有力候補!本当の所
    2014年第86回アカデミー賞作品賞ノミネート予想
    ←クリック

    2014年アカデミー賞作品賞ノミネート予想作品の動画・あらすじ紹介
     その1
    ←クリック

    2014年アカデミー賞作品賞ノミネート予想作品の動画・あらすじ紹介
     その2
    ←クリック


    『かしこい狗は、吠えずに笑う』

    $映画中毒日記『新★映画時光』ブログ版
    25歳衝撃の才能ビックリマーク
    渡部亮平監督応援していますビックリマーク
    ぜひ、お近くの映画館にリクエストして下さいビックリマーク

    フォルツア総曲輪(富山)

    松山 シネマルナティック

    2014年1月3日(金)~10日(金)


    東京 キネカ大森

    2014年1月4日(土)~10日(金)

    ★『箱入り息子の恋』と2本立てビックリマーク




    カチンコ読んで下さってありがとうございましたビックリマークランキングに参加してます映画にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへこれをクリックしてもらえたらうれしいです音譜

    読者登録してね

    0 0

    2014年の映画を短時間で見るマッシュアップ動画のご紹介



    あけましておめでとうございますクラッカー

    今年は4月に消費税が8%にUPしますが、
    映画料金はどうなるのでしょう。
    私はシネマイーラではいつも会員料金千円だし、
    シネコンではサービスデイかレイトショーでしか見ませんけど、
    もし1800円の通常料金が値上げされたら
    サービスデイ料金も上がってしまうのでしょうか...
    それが心配でなりません。(´д`lll)
    新年早々景気の悪いこと言ってスミマセン。
    でも、映画ファンの皆さんは気になりますよねェ?


    2014年に公開されるハリウッド大作系のマッシュアップ動画
    昨日紹介したマッシュアップ動画に比べると出来はイマイチな感じもしますが...







    日本ではまだこの2013年公開版の半分くらいは
    これから公開なので、この動画ご覧になっていない方はどうぞ。
    こちらはとても人気の動画で上手いです。



    今年私が確実に観る大作系の作品は...

    X-MEN: DAYS OF FUTURE PAST 『X-MEN: フューチャー&パスト』


    まあ、何度もしつこいですね。失礼しました。
    本年もどうぞよろしくお願いします(^-^)/


    本年度アカデミー賞最有力候補!本当の所
    2014年第86回アカデミー賞作品賞ノミネート予想
    ←クリック

    2014年アカデミー賞作品賞ノミネート予想作品の動画・あらすじ紹介
     その1
    ←クリック

    2014年アカデミー賞作品賞ノミネート予想作品の動画・あらすじ紹介
     その2
    ←クリック


    『かしこい狗は、吠えずに笑う』

    $映画中毒日記『新★映画時光』ブログ版
    25歳衝撃の才能ビックリマーク
    渡部亮平監督応援していますビックリマーク
    ぜひ、お近くの映画館にリクエストして下さいビックリマーク

    フォルツア総曲輪(富山)

    松山 シネマルナティック

    2014年1月3日(金)~10日(金)


    東京 キネカ大森

    2014年1月4日(土)~10日(金)

    ★『箱入り息子の恋』と2本立てビックリマーク




    カチンコ読んで下さってありがとうございましたビックリマークランキングに参加してます映画にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへこれをクリックしてもらえたらうれしいです音譜

    読者登録してね

older | 1 | .... | 10 | 11 | (Page 12) | 13 | 14 | .... | 64 | newer